fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  未分類 >  葵徳川三代徒然-26

葵徳川三代徒然-26

慶長16(1611)年6月24日、加藤清正死去。そして同じ年の10月には、大久保忠隣の嫡男忠常が亡くなります。さらにその年の12月、お江が国千代ばかりを可愛がっているということで訓戒状が家康から届き、家康に告げ口したとお福が疑われます。しかし竹千代はお福を信頼し切っていました。家康はさらに竹千代の廃嫡もあると強気で、この件について翌慶長17(1612)年3月、秀忠が駿府に赴くことになります。しかし父相手に秀忠はしどろもどろです。家康は、養育は親に責任があると言い、さらに誰を世継にするかはそちが決めよと言うには言うのですが、どうも決めたら決めたで口を挟んで来かねません。その頃事件がおきます。肥前日野江藩藩主有馬晴信の朱印船が、マカオでポルトガル船と諍いを起こし(ノサ・セニョーラ・ダ・グラサ号事件)、その結果本多正純の家臣岡本大八が、この事件の恩賞を家康に斡旋すると偽り、晴信からもらった金子を着服していました。

さらに晴信が長崎奉行暗殺を計画していたという噂が流れ、その挙句岡本大八は火炙りの刑となり、晴信は流罪となります。どうやらこの裏には、大久保忠隣と本多正信・正純父子の対立があるようでした。また大久保長安が大金を隠していたことが本人の死後発覚し、家族が厳罰を受けます。家康は両名をうまく使い分けるよう秀忠に教えます。その一方で大坂では16歳を迎えた千姫が、鬢削ぎの儀(成人式)を行い、お江は国千代の正室に織田家の血筋の姫をと望み、徳川・豊臣・織田三家の縁を強めようとしていました。その傍ら家康は朝廷に介入し、後陽成上皇の宝物を後水尾天皇に返還させたのち、関白九条忠栄を罷免させ、鷹司信尚が関白となります。この信尚の妹孝子が、竹千代の正室となることも決まりました。その翌年には家康の娘督姫の再婚相手である池田輝政、そして大姥局が相次いで世を去ります。これでお福が実質奥女中筆頭となります。

イギリス船クローブ号が日本を訪れ、船長のジョン・セーリスと副官が秀忠に拝謁します。通訳は三浦按針でしたが、この時の西洋式立礼と靴をはいたままの西洋人たちに、忠隣は戸惑い、本多正信と意見が分かれます。それに先立って公家衆法度が決められ、紫衣勅許は幕府の同意が必要となるなど、幕府の圧力は日増しに強くなりました。また秀忠の隠し子幸松と母のお静は、大姥局という後ろ盾を失って、比丘尼屋敷の見性院(武田信玄の娘)の許に身を寄せます。そしてこの年の暮れ、大久保忠隣の動きが不穏と家康に直訴があり、忠隣はキリシタンによからぬ風評有ということで上洛させられ、翌1月に流罪となります。家康は秀忠に、家臣は徳川の役に立つ者を残すように教えます。お江は相変わらず国千代を可愛がり、その利発さに感心しますが、その時秀忠が入室し、和姫の入内が決まったことをお江に耳打ちします。

時代が進むにつれて、戦国の世から秩序と徳川支配の江戸時代の色彩が濃くなって行きます。とりわけこの時期は家康が朝廷に介入、公家を武家の支配下に収めることに成功すると共に、西洋世界との交易、キリシタンの取り締まりなど様々な動きがありました。中でも紫衣勅許の件ですが、これに関しては、寛永4(1627)年に、御水尾天皇が幕府の同意なしに行った沢庵宗彭の紫衣事件が有名です。これは後水尾天皇譲位(天皇と和姫の娘興子内親王が践祚)の一因となりました。またイギリス船クローブ号の来日により、日本との交易が本格化しますが、これに関してはオランダがすでに先行しており、その後イギリスとの交流関係はうまく行かず、オランダがいわば寡占することになって、この状態が幕末まで続くことになります。秀忠は西洋式の立礼で、靴を履いたままの西洋人が珍しそうです。

一方で子供の存在が目立つ回でもあります。まず例によって竹千代と国千代、大久保忠隣の子忠常の早世、そして本多正信・正純父子。大久保忠隣は忠臣でしたが、家康曰く「人物がまともすぎる」。その忠隣は流罪を申し渡される際に、無実であるという弁明書を出すように、板倉勝重の子重昌に説得され、よい息子であると言う辺りに、子を失った父親の無念さが見えます。どうも忠隣の流罪には、政敵ともいえる本多父子の思惑も絡んでいたようです。そして家康は、家臣は徳川のためになる方を残せ、政に善悪もくそもないと、戦国期を生き延びた人物らしいことを言います。そして秀忠の子幸松を誰に託すかで、名目上の父親である土井利勝が「ご落胤」という度に秀忠は嫌な顔をします。さらに和姫の入内に加え、千姫が成人して子供を期待されるわけですが、その千姫と夫秀頼との前に不穏な空気が立ち込めます。

飲み物-マティーニ
スポンサーサイト



[ 2019/10/06 23:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud