fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  ガリレオ >  容疑者Xの献身 4

容疑者Xの献身 4

『容疑者Xの献身』について4回目です。物語の大筋についてはあらかた書きましたので、部分的にピックアップして行きます。花岡母子に完璧なアリバイがあることに関して、湯川は、珍しく超常現象であるバイロケーションの話を持ち出します。『ガリレオ』では、それ以外にも、やはり超常現象であるテレポーテーションの話を湯川が研究室で持ち出しますが、もちろん最終的には、証明できないとして否定されてしまいます。しかしこのようなことが引き合いに出されるほど、このシリーズでは犯罪の完成度がきわめて高く、本人が現場から離れた地点で相手を殺害できるようなケースが多いのも事実です。

それから、石神が足がつかないように、近所の公衆電話から靖子に指示を出す方法ですが、これは他の刑事ドラマでもお目にかかるパターンです。『相棒』で、公衆電話からの通報を受け取って捜査を開始するエピソードがありますが、これももちろん犯人側が居場所をさとられないためです。公衆電話という、一見前時代的にも見えがちな設備というのも、使いようによっては相手の裏をかくこともできるわけです。しかし公衆電話というのは位置が決まっているものである以上、その位置から容疑者の行動を特定できることもあり、その意味では両刃の剣ともいえます。

草薙と内海が、協力要請で湯川の研究室を訪れた時、草薙が、容疑者の靖子がすごい美人だぞと口にして、湯川が関心を示す場面があります。確か『ガリレオΦ』でも、水着姿の若い女が多い海岸の近くと聞いて、捜査に協力することになります。湯川は意外と女性に関心があるのかと思いきや、その後のどこか冷めた口ぶりからすると、どうもその人物の特徴の一環として捉えている、『ガリレオΦ』の場合は、そういう女性たちがいるというのを、一つの現象として捉えている感が無きにしもあらずです。その後内海は城ノ内桜子にこのことを話すのですが、彼女はあっさり「顔が目当てで来る人だっているし」「うちにだって私目当てで来る人がいる」などといい出す始末です。

その靖子の弁当屋に、かつての靖子の馴染みの客である工藤が現れた時、ちょうど石神と湯川が店内にいて、湯川が弁当を買っているところでした。湯川はその時工藤に初めて会ったのですが、石神の不機嫌そうな態度から、あるものを感じたようです。しかし石神がそのような態度を取ったからといって、必ずしも工藤の存在がマイナスになったわけではありません。その後石神は雨の中、工藤が靖子をアパートの近くまで、車で送って来るのを目撃したわけですが、この時、ストーカー疑惑で警察の注意を逸らせると踏んだとも取れます。その他にも、アリバイを裏付けるために、美里の同級生と映画館の売店で会ったという証言も取り付けます。

いよいよ事件が大詰めに入って、内海が湯川の研究室を訪れようと帝都大に足を運んだ際、湯川が不要になったレポートをシュレッダーにかけず、焼却しているのを目にします。シュレッダーだと信用できないというのが彼の言い分ですが、実際ストレートカット式のシュレッダーは、かさばる上に情報が読み取られる可能性があります。そのせいもあって、今はクロスカット式が多いです。また被害者の富樫慎二が、バカラ賭博で借金を作っていたこと、そのせいもあって靖子の住所を、昔働いていた店で聞き出し、強引に訪れたことがわかります。このため、草薙や内海が他の刑事と共に、歌舞伎町のバカラ賭博を摘発しますが、ここのところは結構圧巻です。

そして湯川と草薙、そして内海の3人が四川料理を食べる場面が登場します。ちょうど石神の出勤表のコピーを見る場面ですが、この時も、辛さで脳は活性化しないと例によって一言述べます。しかしなぜ四川料理かと思うのですが、あるいは四色定理と掛け合わせている感もあります。余談ながら、四川料理といえば辛い調味料で煮込んだ、あるいは炒めた物というイメージがありますが、おこげ料理(鍋巴)も実は四川料理ですね。

画像
スポンサーサイト



[ 2015/06/29 23:48 ] ドラマ ガリレオ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud