fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ-22 創作と史実のすり合わせ

花燃ゆ-22 創作と史実のすり合わせ

いよいよ蛤御門の変の、その前編的な位置づけの放送のはず…なのですが、いつまで経ってもその気配が感じられません。それもそうで、文の転居がこの放送のメインになってしまっているからなのです。ですから、男性パートで盛り上がりかけたところに、文と杉家の場面が入る、志士たちのパートに戻ったかと思いきや、また文のパートに戻るといった感じで、せっかくの蛤御門の変に向けての挙兵が、杉家の描写で艶消しになっている感があります。

私以外にもこう考えている人は多いかと思いますが、文のパートをもっと削って、1回の放送につき2つか3つ、本当に必要な場面だけにすれば、もう少しドラマが引き締まるはずです。せっかく志士たちが気合を入れて、いざ出陣という場面になったら文が出て来て、なんら関係もなさそうな場面が延々と続く、これが問題なのですが。実は1度、安政の大獄の時でしたか、録画した分を文パートだけ早送りして観たことがあります。実際その方が流れがよくわかりますし。文を出すなとはいいませんが、歴史の流れを邪魔しない形で出してほしいものです。

それから小田村伊之助がやはり長崎にいるのですが、どうもこの辺作り過ぎな感じです。しかもこのドラマに顕著なことですが、史実でない部分、つまり脚本家が作った部分はどこか今一つで、史実の部分に馴染み切れていないところがあります。この辺も視聴者が違和感を覚える一因ではないでしょうか。イケメン大河で売りたければそれでもよし、ただし肝心なのは、如何に創作の部分と、史実の部分をうまくすり合わせるかです。『花神』の成島チーフプロデューサーの言にある「史実と史実の谷間にある多くの有りそうな話」を描き出すようにしないと、ドラマは面白くなくなります。

ところで、伊之助の手紙を皆が読む場面に、大沢たかおさんの声がナレーション的にかぶるわけで、当然ながらどうも仁先生を思い出してしまいます。大沢さんも本当はもうちょっとまともな、といっては何ですが、男性が主人公の大河で見たいものです。『真田丸』に引き続き出てほしいです。それから来島又兵衛役の山下真司さん、流石『スクール・ウォーズ』の泣き虫先生だけあって、兵たちへの気合の入れ方は並々ならぬものがあります。

最後になりましたが、周布政之助の野山獄での抜刀と、高杉への戒めである「3年間獄に居ろ」がこの回で登場します。今回周布を演じている石丸さんも、そこそこの演技力ではありますが、やはり見得の切り方、ドスの効かせ方は『花神』の田村さんでしょうか。ただしこの場に、高須久子が出てくるのはちょっと疑問です。この場は周布と高杉、そして牢役人だけでいいでしょう。

スポンサーサイト



[ 2015/06/28 23:29 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud