fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  パペットホームズ >  ロイロット先生の二つの顔

ロイロット先生の二つの顔

正典の『まだらの紐』の、ロイロット博士をモデルにしたロイロット先生は化学の教師であり、生活指導も担当しています。当然ながら探偵気取りのホームズなどは目の敵のようになっています。おまけにホームズの苦手な科目、たとえば文学や哲学、天文学など(これは正典でも知識皆無とワトソンに指摘されています)の成績が悪いことをあげつらい、ワトソンにはホームズとは関わりを持つな、人生の大事な時期を棒に振ることになると、脅すような口調で言います。それでなくても体が大きく、しかも顔も大きくて凄みがあるのですが、ホームズに取ってそんなことはどこ吹く風です。しかも前出『まだらの紐』を原作にした「まだらの紐の冒険」で、ヘレン・ストーナーが訪ねて来た際に、そのことを察した先生は、ホームズに真偽のほどを確かめますが、ホームズはクロッカスの話を持ち出してはぐらかします。無論先生はそんなホームズを苦々しく思い、暖炉の火かき棒を捻じ曲げてしまいます。この辺りも原作を踏まえた描写になっています。こうすればちょっとは驚くだろうと思ったのでしょう。しかしワトソンがその棒を自力で元に戻してしまったことで、先生は言葉を失い、221Bを出て行きます。

Roylott.jpg
ロイロット先生(シャーロックホームズ冒険ファンブックより)

そんなロイロット先生ですが、シャーマンに密かに恋をしています。元々シャーマンは動物好きで、先生に動物のことを話して聞かせるのが好きでした。先生はシャーマンの動物小屋へ行き、最近動物の鳴き声がうるさいと苦情が来ていると怖い表情で言います。シャーマンはホームズやワトソンに、最近先生がやたらにうるさいと言いますが、あるいは先生のシャーマンへの思いが、こういう形で出て来ていたともいえそうです。結局先生は動物の本を買い込み、シャーマンが好きな動物の気持ちになり切ろうとして夜間に廊下を走り回り、ヘレンを驚かせてしまいます。最終的にはヌマドクヘビに襲われたシャーマンを助けるのですが、生徒を愛してしまったことから、自分は教師にふさわしくないと言い、学校を去って行きます。その後は「最後の冒険」に登場しますが、この時の先生は農場を経営しているようで、牛乳の缶を届けに来ていました。すっかり農家のおじさんの格好で、動物たちにも囲まれ、悠々自適といった感じです。

スポンサーサイト



[ 2019/07/02 00:30 ] パペットホームズ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud