fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビー好きとあるCM

ラグビー好きとあるCM

これは独り言のようなものですが。
90年代頃、某スポーツメーカーが、医者や弁護士とは違うといったメッセージを打ち出したCMを展開した記憶があります。多分サッカー関係のCMだったと思います。しかし私は、その頃は既にラグビーファンであり、ラグビーの場合、かつてはアマチュアリズムが堅持されていたこともあって、特に海外では医師や弁護士が本職の選手もかなりいました。観客が心臓発作を起こした時に、ゲームを中断して救命活動をした選手もいるほどです。神戸製鋼に在籍していたイアン・ウィリアムス氏も、元々は弁護士(事務弁護士)でした。

日本では企業スポーツ中心であるため、チームを持つ企業の社員であることが条件でしたが、数少ないながら医学部出身で、産業医となった選手もいます。無論90年代の後半からはプロの存在が認められ、現役の間はラグビーに専念する選手も増えて行きました。日本でもこれは同じ傾向が見られます。この意味で従来とは違う方向になって来てはいますが、最近でもオールブラックスに、法廷と事務両方の弁護士資格を持つコンラッド・スミス選手がいました。それと、これは結構話題になっていますが、現日本代表の福岡堅樹選手も、ワールドカップを最後に引退して、医学の道へ進むことを表明しています。

こう見ると、スポーツ選手と医師や弁護士という専門職とは、必ずしも無縁というものではなさそうですし、現役を終えた時点で、自分が有する資格を活かす形で、第二の人生を踏み出す人もいるわけです。前出のCMは、スポーツ選手をノンエリートと定義し、エリートとしての医師や弁護士とは違うのだというメッセージを打ち出したかったのかとも考えられますが、どのスポーツが好きであるかで、このCMの受け止め方も違うだろうと思います。あくまでも私見ではありますが、私としては若干違和感を覚えるCMではありました。

飲み物-ミルクティ2
スポンサーサイト



[ 2019/06/25 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud