fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  JIN ー仁ー >  『JIN -仁-』完結編 第3話

『JIN -仁-』完結編 第3話

大牢に入れられた仁は、牢名主への賄賂=蔓を持っていなかったため、着物を取り上げられ、その後も冷遇される日々が続いていたが、ある日そこへ100両もの大金が届けられる。気をよくした牢名主は、仁を自分の側近にしようと言い出すが、仁はそれを断り、牢名主や側近の囚人たちの畳を、この牢屋敷すべてに敷き詰めたいと申し出る。

牢名主はこれに怒り、次の瞬間心臓発作で倒れる。しかし仁の治療により無事生還した。これにより、すべての畳が敷き詰められることになった。ちなみに当時は、牢名主が一番多くの畳を敷いてそこに座っており、側近の者たちも、それぞれ何枚ずつかの畳を敷いていて、それ以外の囚人たちは床の上に座る暮らしだった。

牢の待遇は改善されたものの、仁の取り調べは拷問が相次ぎ、苛烈を極めた。安道名津からヒ素が検出されたためであった。仁友館の福田玄孝は、多紀安琢に仁の無実を訴えるが聞き入れられない。そんな折、松本良順は佐分利にあることを伝えていた。それは、和宮が気分が悪くなる前に、茶に口を付けていたということであった。あるいは、安道名津のヒ素は、茶碗の茶がかかったせいではないのか。茶碗を調べればすぐにわかることなのだが、その茶碗の行方は定かではなかった。

一方で勝海舟は、仁の釈放のため、橘恭太郎に京に上るようにいった。かつて西郷の虫垂炎を手術したことを、京にいる一橋慶喜の耳に入れることで、力添えを願うことにしたのである。龍馬は、慶喜の警備役である新門辰五郎を通じて、嘆願書を無事手に入れる。

ある日仁は、唐丸籠に乗せられて南町奉行所に向かう。そこに恭太郎が現れて、嘆願書を差し出そうとするも、役人は偽物であると相手にしない。しかしその後仁は釈放され、晴れて自由の身となった。既に釈放された咲も外で待っていた。その後仁は、やはり茶碗からヒ素が検出されたことを良順から聞かされる。その犯人は、あの三隅俊斉だった。

ヒ素を直接盛ったのは一人の奥女中だったが、取り調べ前に服毒自殺をしていた。また、茶碗を調べるようにいったのは意外にも多紀安琢だった。その後安琢は、福田に医学館に戻って来てはどうかと勧める。しかしそこに仁が現れ、お礼だと言って、ペニシリンの製造方法を教える。

再び元に戻った仁友堂に、ある日西洋人の男女が騎馬で訪れる。よく見ると男は間違いなく西洋人だが、女は洋装の野風だった。野風はあの後、横浜でフランス人のルロンに身請けをしてもらい、その金を蔓として渡したのだった。ルロンは野風が長屋に住んでいた頃、簪を贈っていた。

野風は咲に、仁と幸せになるよう言い残して去って行く。その後仁は咲に結婚を申し込むが、咲は、自分の幸せは先生との結婚ではなく、仁友堂を遺すことだと告げた。

画像




スポンサーサイト



[ 2015/06/22 23:37 ] ドラマ JIN ー仁ー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud