fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  サンウルブズは2020年シーズン後にスーパーラグビーから除外

サンウルブズは2020年シーズン後にスーパーラグビーから除外

既に英語の方をアップしていますが、そしてイチロー選手の引退発表にかき消された感もありますが、サンウルブズが2020年シーズンを最後にスーパーラグビーから除外されることが決まりました。そうではないかと噂されてはいましたが、しかし当初は日本協会が自分から脱退するのでないかとも言われていました。今回はスーパーラグビーを運営するSANZAARから、もしプレイを続けたいのなら、10億円払えという要求が来たものの、それを受け入れられないとしたのです。

この10億円というのは、放映権料をはじめ、特に南アやアルゼンチンから日本への移動費などで、ステークホルダーでない、その意味で部外者である日本にその分を負担する旨を通告していたわけです。しかし日本協会は払えないと言い、それが除外の一因となりました。無論他にも成績なども考慮されてはいます。これについては触れているメディアとそうでないメディアがあり、日経などは、既に協会サイドがSRを代表強化の場として重要視していなかったこと、2023年のワールドカップのホスト国に、日本が南アでなくフランスに投票したことなども理由としてあげています。実際南アフリカからの圧力が強く、アルゼンチンは中立、ニュージーランドやオーストラリアは日本の存在に肯定的だったといわれてもいます。

これはNIKKEI Rugbyのツイッターアカウントに連続して投稿されています。
またラグビーライターの村上氏の「ラグビー愛好日記」に、わかりやすく書かれていますのでリンクを貼っておきます。
サンウルブズ、スーパーラグビーへの参加は2020年まで
https://www.jsports.co.jp/rugby/loverugby/2020/

これで興味深いのが、サンウルブズと直接の接点がある渡瀬氏が
「サンウルブズは今後も、選手、スタッフそして運営スタッフ全員で、引き続き最高の試合をお見せすること、そしてサンウルブズの価値を高めるための努力をしてまいります。」
(2020年まではスーパーラグビーの一員ですので)とコメントしているのに対し、日本協会の坂本専務理事は、SANZAARとの合意に至らなかったと述べた後、
「一方で、今年はラグビーワールドカップ2019日本大会が開催され、ベスト8以上を目標に選手たちは厳しい合宿を繰り返し行っています。また、ネーションズ・チャンピオンシップの開催、参加に向け、ワールドラグビーや各協会と交渉を続けております。」
とコメントしており、既に2022年から始まる予定の、ネーションズ・チャンピオンシップの方に気持ちが傾いているとも取れます。しかしこの大会も世界の強豪に加えて、日本とアメリカが加入するものであり、降格制度を設けるともいわれています。日本が努力しない限り、常にトップレベルの相手と試合ができるとは限らないのです。

そもそもスーパーラグビーに加入するというのは大きな魅力であり、ファンも多くついている以上、そのファンを減らさないための強化基盤を今後は努力して行くべきでしょう。また、仮に今後スーパーラグビー、またはそれに代わる組織からお誘いがあった場合、どのように駆け引きするか、言い換えればどうやって日本に有利に持ち込めるかができる人物に、協会首脳部にいてもらうべきでしょう。この辺りの外交が常に後手に回っている印象を受けます。

そのサンウルブズ、明日は準ホームのシンガポールで、南アのライオンズとの対戦です。

スポンサーサイト



[ 2019/03/22 23:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud