fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  武者震之助氏コラムより

武者震之助氏コラムより

また武者さんの話で申し訳ないのですが、まず『いだてん』の「レビュー」からいくつか。この最後の方に「共感ばかりを求めるなかれ」とあり、あるネット記事に「感情移入が(いだてんは)しにくい」とあるのを批判しています。しかし感情移入しにくいというのはうなずけます。以前ご紹介した鈴木氏の記事にありましたが、人物の出て来るスパンが基本的に短く、どのように描かれているのかがわかりにくいためです。なのにここでは、「例えば『真田丸』の真田昌幸とかに感情移入できましたか?」などとあります。個人的には、昌幸には感情移入できました。

なぜかといえば昌幸の発想や策略とは別に、昌幸という人物設定ができていて尺も割かれていたからです。その他に武者さんは『西郷どん』関連でも同じようなことを書いていて、その結論として、『ゲーム・オブ・スローンズ』には誰も共感していない、さらには「過剰なまでの共感とわかりやすさを求める傾向は、むしろ大河はじめ時代劇を破壊しにかかっています」とあります。過剰なまでのというのが、どういうのを意味しているか不明ですが、これでは感情移入の全面否定です。無論すべてが共感できる必要はありませんが、感情移入ができにくいドラマという点にも違和感を覚えます。

やはり大河は主人公やその周辺の人物を描くのが基本であり、それがないと馴染みにくい側面もあります。従って主人公をはじめ、登場人物に何かしらの感情を抱くのは当然のことです。逆に、これも何度も書いていることですが、女性主人公の大河などで、過剰なまでに主人公に共感しなければならない、かわいそうねと同情しなければならないような大河は、正直言ってしんどいものを感じます。これもケースバイケースであり、ある人は感情移入できても、他の人はできないというケースもあるわけですが、それが全くできないのでは観る楽しみが薄れます。

そしてその後に、「時代考証を無視して、高度成長期のサラリーマンと専業主婦めいたホームドラマを展開されても」などとありますが、これは暗に『まんぷく』のことを言っているのでしょうか。『まんぷく』にはその当時、昭和の半ばごろの時代考証は反映されていたと思います。なのにそれを否定していたのは、当の武者さんではないかと思うのですが…一方で時代考証云々と言いつつ、他方でそれを否定するのもおかしな話です。そもそも大河と海外作品を、同列に論じるべきなのでしょうか。

それから『麒麟がくる』予測で、大凶などと書いています。さらに『西郷どん』の大失敗やら『いだてん』の暗雲などと書いています。これに関しては、『西郷どん』は地元では視聴率30パーセントで、しかも西日本は数字は高めでした。『いだてん』はどうなるのかわかりませんが、主人公の知名度的にそう高い数字は取れないとは思います。そしてまだ始まってもいない来年の大河に「大凶」、『まんぷく』に出演した長谷川博己さんが出るからというのが一因ですが、いくら何でもこれはないだろうと思います。

要は、武者さんとしては海外ドラマの『MAGI』を推したい、だから大河はもう終わったということにしたいのではないかとも思われます。しかしだから大河下げというのは如何にも無理やりです。そもそも『真田丸』と『おんな城主 直虎』をあれだけ推しておいて、しかも今年の『いだてん』もそうかと思いきや、ここに来て早々と大河終了宣言の如きものを打ち出し、しかも『MAGI』を推すというのは、大河コラムとして如何にも不自然でしょう。なぜこのコラムでこういう海外の作品を出すのか、それがまず不思議です。

それから林真理子さん絡みで、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんとのインタビュー記事をリンクし、林さんのことを散々に言っています。これは、好きでない『西郷どん』の作者というのが一因でしょう。実際ここで、大河を終焉に導いた脚本家はクドカン氏ではなく、この人ですなどと書いています。しかし生憎林さんは原作者ではありますが、脚本家ではありません。それにこう書くのは、いくら何でも林さんに失礼です。もし『いだてん』が予想通りに行かなかった場合、やはり責任は宮藤官九郎氏をはじめスタッフにあるでしょう。一番責めを負うべきは制作統括の訓覇氏だと思いますが。

尚私はこれをツイッターで見たのですが、AERA.dotの記事で、何か林さんと海老蔵さんの意見が噛み合っていない感じです。しかしこのサイトには、もう一つ別の林さんと海老蔵さんのインタビュー記事があり、そちらは比較的まともなインタビューになっています。なぜこの2つを分けたのかは不明です。AERA.dotといえば、『おんな城主 直虎』の小野政次退場回で、スタッフが泣いただの発熱したのだというコメントがあり、何だか嘘くさいような気もしていましたが、実際このメディアに嘘を書かれたという人物もいて、個人的にはどこか信用できないイメージがあります。

飲み物-シナモン珈琲 
スポンサーサイト



[ 2019/03/12 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud