FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  炎のランナーとオリンピックといだてん

炎のランナーとオリンピックといだてん

本当は『炎のランナー』の様々な描写、ユダヤ人やスコットランド人とイングランド人との確執とか、ケンブリッジブルーとか、はたまた聖書の言葉などについて触れたかったのですが、もう少し先にします-今週中にはアップします。ところで先日あらすじを書いた時に、この『炎のランナー』では、祖国のため家族のため、リデルの場合は神のためという言葉をしきりに口にしています。この神のためというのは、牧師のリデルらしい発想です。信仰のためと置き換えることもできるでしょう。

『炎のランナー』では、アマチュアリズムとプロという、後世に引き継がれる問題について触れています。正しくはノンプロとプロというべきでしょうか。そのためスポーツを続けるということにおいて、如何に本業と両立させるかを考えることになり、エイブラムスの手紙のシーンで、仕事をおろそかにしないといった旨が書かれています。ちなみに日本の場合は学校メイン(後に学校→企業アマ)だったせいで、これに関するジレンマがあまりなかったといえます。しかも学寮長はアマチュアリズムを主張し、世界大会での栄光たるべき勝利至上との板挟みにもなっています。

それとオリンピック関連で、『いだてん』の嘉納治五郎が、私が観た限りでは、オリンピックは平和と友好の祭典といった意味のことを繰り返していたと思います。もちろん当時の日本はオリンピックの知名度が低かったということもあり、どちらがいいとか悪いとは言いません。両者はコンセプトも全く異なります。しかしただオリンピックが素晴らしいだけではなく、それ以外の面も描けば、もう少し味が出るのではと思います。無論この大河が今後どのように描かれるのかはわかりませんし、私は第6回で観るのをやめましたが。

それとこれも先日視聴率関係で、関西の方が関東よりも低いと書いています。これに関しては、金栗四三は確かに熊本出身ではありますが、基本的にドラマが東京ベースなのもあるかと思います。これもちょっと書いていますが、関西が登場しないというのもその一因でしょう。金栗が関わった箱根駅伝なども、今では全国放送されていますが、これ元々は関東ローカルの大会です。視聴率がすべてではないとも思いますが、ただ過去の大河も視聴率を云々されたわけで、避けて通れないことではあるでしょう。

それから武者さんについて、今少し。この人に関していつも不思議に思うのですが、映画などの話題はともかく、自分がかつて勤めていた会社のことなどを、普通書くだろうかと思います。それも個人のブログならいざ知らず、ドラマ関連のコラムにです。しかも自分はこうしたのに上司に無視されたとか、ブラックな会社だったとか、それと一体何の関係があるのだろうと思います。この人によれば、『まんぷく』に出て来る萬平の会社をそれになぞらえたいのでしょうが、それは僻目であり、ドラマをきちんと観ていない証左でもあるかと思うのですが。

飲み物-ホットカフェオレ
スポンサーサイト



[ 2019/02/27 01:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud