fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河の主人公の知名度

大河の主人公の知名度

ここのところの大河で思うのが、女性主人公をはじめとする、知名度があまり高くない人物が主人公の作品と、知名度がある男性の作品が交互に続くことです。女性主人公が隔年になった2010年代から、特に『八重の桜』以降からこの傾向が顕著になっています。山本(川崎、新島)八重という人は、新島襄の奥さんであったことは知っていましたが、それ以前をあまりよく知らなかったので、女性主人公の大河としては比較的興味が持てました。しかしそれ以後の女性主人公『花燃ゆ』の杉文(楫取美和子)、『おんな城主 直虎』の井伊直虎などは、それぞれ長州藩士や今川家が主人公の方が、収まりがいいのではないかと思いました。

今年の『いだてん』も、主人公の知名度が高いとはいえないかもしれません。もちろん陸上競技をやっていたとか、スポーツやオリンピックに詳しいのであれば別です。ですから半年単位にして、それぞれ別のシーンを描こうとしているのでしょう。それはいいのですが、如何せん東京オリンピックというのは、時代としてはかなり近いといえば近いのです。その当時を知る人は今もそこそこいます。だからそれを大河化といっても、特に年配の方はぴんと来ないかもしれません。かといって、金栗四三だけだと1年間はちょっとしんどいでしょう。しかし知名度があまり高くない、ニッチな人物を持ってくるというのは、あるいは予算の関係もあるのでしょうか。

著名な主人公とそうでない場合とでは、確かに後者の方が予算は少なくて済むかもしれません。女性の場合は特に、合戦などのロケが少ないからです。しかし予算はともかく、知名度が低くても他に著名な人物を絡ませるとか、大河でなくスペシャルにするなどの手はありそうなものです。以前女性主人公はBS時代劇にしてはどうかと書きましたが、それと似たような感じです。『坂の上の雲』形式という方法もありそうです。そういえば柳川市では立花宗茂を主人公にしたがっているようですが、九州戦国大河として描くなら納得です。その他にも候補は多いかと思いますが、今後はある程度の知名度のある人物と、そうでない人物は棲み分けた方がいいのではないでしょうか。

飲み物-赤いカクテル
スポンサーサイト



[ 2019/02/24 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud