fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  『まんぷく』コラムに思うこと 3

『まんぷく』コラムに思うこと 3

何度もこの人物のことを書くのは気が引けますが、相変わらず武者氏というか武者震之助さんの『まんぷく』コラムがひどいですね。既にレビューはおろか感想としての体も為していないように見えます。ラーメンが完成してから何度か見ましたが、この有様では見に行く理由もなさそうです。おまけに「発明はセレブになるための手段」なのだそうです。いや萬平は、儲けよりも発明そのものに心血を注ぐタイプの人なのですが。

また福子が企業秘密を喋るなどとありますが、この場合日清食品はモデルになっているだけで、何の関係もないはずです。だったら、萬平がラーメンを作るシーンが流れるのだっておかしいでしょう。さらにモブ大学教授(近江谷教授ですね)が栄養解析すると約束したことについて、学問を軽視しているだの何だの。書き方もどうかと思いますが、別にラーメンの栄養を分析するのは学問軽視にはならないでしょう。

さらに自身の仕事経験なのでしょうが、自分は仕事を丁寧にしたいのに客が急がせる、モンスタークレーマーだなどとあります。それは、ご本人の仕事が遅いということもあるのでは?なぜお客のせいばかりにするのでしょう。おまけに会議は上の人がどうでもエエことばかり喋って、自分のプレゼンの時間が回って来ないとか。失礼とは思いますが、どうも武者さんの方がモンスター社員ではないかとさえ思えてしまいます。

それから、空気が読めないのが何が悪いんだとあり、不都合な真実を隠蔽しなかった前作(半分、青い)は素晴らしい、「要はリアリズムの差なんですよ」とあり、ここの部分がかなり大きなフォントになっています。どうもこういう書き方はルサンチマン的です。弱者が強者に対して抱くネガティブな感情のことですが、自分や前作のヒロインを弱者、『まんぷく』の主人公や武者さんのかつての上司などを強者と置き換えると、何となく構図が見えて来ます。

しかし『まんぷく』の主人公は本当に強い立場なのでしょうか。実は彼らもまた、社会的にはそう強い立場ではないはずです。むしろ武者さんも、前作のヒロインも同じ立場でしょう。しかし『まんぷく』の主人公は、苦労人ではありますが、強い者に対してネガティブな気持ちを抱いているようには見えません。無論セレブになってやろうという感じでもありません。ただ、自分たちが開発したラーメンを食べてほしい、それで生計を立てたいと思ってはいるでしょう。そういう昭和、それも戦後の人々の思いが、どのくらい理解できているのでしょうか。

それから咲のことを幽霊だと書いていますが、あれは鈴や福子の夢に現れているだけだと思います。また前出「空気が読めないのが何が悪い」つながりで、最後の方に「空気の読めない奴だからこそ見える空気がある」とありますが、具体的に一体どのようなことなのでしょうか。こういうのをただ書き捨てるだけでなく、何であるかを説明してこそのものなのですが。このレビューの質的劣化もむべなるかなと思ってしまいます。

いい加減私も『西郷どん』とかホームズ関係も書きたいので、この位にしたいと思います。しかしこの人の『西郷どん』関連レビューも、どうかと思われるのがかなりありました。特に私はこの大河が好きでしたから、よけいそう感じたのかもしれません。しかしいくらなんでも、それはないだろうと思われるものもありました。一部はここでもご紹介していますが、もし機会があれば多少関連投稿で触れたいと思います。

飲み物-エスプレッソ
スポンサーサイト



[ 2019/02/20 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud