fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  サイトの記事と法的措置

サイトの記事と法的措置

少々堅苦しい話でしかも昨年になりますが、『武将ジャパン』の記事について弁護士に相談したことがあります。特に昨年の『西郷どん』や『まんぷく』などは、批判しているというよりは非難している感じで、これは如何なものかと思ったものです。しかしやはりというか、実害がなければ動けないということでした。確かに文章に問題はあるが、これだけでは何ともいえないこと、もしNHKがこの記事による実害があるのなら、NHKが動くべきという結論でした。ただ、この程度でNHKが動く可能性は低いかもしれません。このサイトが、NHKのドラマ制作に影響を及ぼすほどの力があるのならまた別ですが。こういうのは難しいものです。金銭のトラブルとか、労働問題などの方がむしろ弁護士を立てやすいといえます。

それとこのサイトで、管理人と思しき人物が、法的措置を取るとコメントしているのを目にしたことがあります。これもどうかと思います。たとえばこのサイトがハッキングまたはクラッキングされ、データが改竄されたりしたというのであれば、それはそれで法的手段を取ることができるでしょう。しかしコメント欄で批判した程度では、それには該当しないかと思います。また批判の度合いが強く、誹謗中傷とも受け止められる場合でも、だから即ち違法というよりは、それが名誉とか信用の毀損、侮辱行為につながった場合に違法行為となるわけです。その点ではむしろ、『まんぷく』関連で武者氏が、脚本家の個人名を出して事実とかけ離れたことを言い、脚本家に何らかの被害が出た場合、それが侮辱行為となる可能性がないとは言えないでしょう。ただしこれは親告罪です。

武者氏を出したので中尾氏も出しておきます。この人もひいきチーム以外に対しては、悉く批判的なことを書き連ねることがあります。神戸製鋼のみならず、明治大学や帝京大学にも似たようなことを言っていた覚えがあります。こういう人はやはりパターンがあるのかもしれません。好きな対象の無謬性を強調する代わりに、そうでないチームにはあれこれ言うので、対象によって基準がぶれてしまい、ダブルスタンダードになりやすいといえます。全くの私人であるのならまだしも、歴史サイトにしかも報酬付き(恐らく)で記事を書いたり、自分の名で何冊も本を出していたりする人が、それでいいのかとも思うのですが、それで自らの地位を確立した以上、やめるにやめられないのかもしれません。

飲み物-バーのラテフロート 
スポンサーサイト



[ 2019/01/15 00:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud