fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  『真田丸』とは何であったのか

『真田丸』とは何であったのか

今更こう書くのも何ですが、『真田丸』とはどういう大河だったのでしょうか。まず言えるのは三谷幸喜氏の脚本であることから、大河というより三谷ドラマであったということです。さらにSNS利用でPRをかなりやったため、多くのネットユーザーの間で情報が共有され、イベントも大々的に行われました。一方で、それに批判的な人もいたようです。そして私自身の感想としては、九度山までは昌幸の存在もあって、結構面白かったけど、大坂の陣でややトーンダウンしました。三谷さんはやはり戦闘シーンは苦手なのかなと思った所以です。

そして『真田丸』には『真田太平記』という先行作品があり、それと比較されがちだったともいえます。無論この両方は、それぞれ別作品ではあります。『真田丸』に三谷色がかなり出たのは、両者の違いをはっきりさせるためとも考えられます。そもそも真田信繁(幸村)という人物に関しては、大坂の陣関連の文献や周囲の人物による伝承、または後年の軍記物に依るところが大きいようです。実際秀吉に仕えていた時の信繁は、馬廻衆であったこと以外、殆どわかっていないともされており、そのため『真田丸』でも独自の描き方をしています。

また『真田丸』の少し前に、やはり三谷さんの脚本でパペットホームズが放送されています。この時三谷さんはこう言っています。

この人形劇は『シャーロック・ホームズ』を知らない方にも楽しんでいただけると思いますし、シャーロッキアンと呼ばれる人たちにも納得いただけるものになっていると思います。
もちろん原作ファンの方が見て、こんなのおかしいっておっしゃる方もいるかもしれないですが、「あ、こういうのもありなんだ」というような広い心で見てくださるんじゃないか(笑い)。僕はそう思っています。
(冒険ファンブックより)

番宣では、「これを楽しめない人はシャーロッキアンではない」となっていたと思います。要するに、どのような描き方でもあるじゃないかということです。ちなみにこのパペットホームズと『真田丸』には、やはりというか共通する点も多々あったので、こちらの真田丸とホームズというタグでまとめています。

しかし真田信繁(幸村)の一番の見せ場である戦闘シーンが物足りなかったこと、茶々とのロマンスといっていい描写に違和感があったこと、そして九度山編が短かったことはやはりマイナスに感じられました。九度山については、昌幸逝去や信之来訪のシーンはよかったのですが、佐助のスケッチとか、蕎麦を振舞うシーン、たかがやって来て真田紐を教えるシーンなどは、良くも悪くもかなり三谷さん的だったなとは思います。それと大坂へ行くかどうか悩むシーンについては、もうひとひねりあってよかったかもしれません。

この大河では、コーエーのマップも目玉の一つでした。しかしながら、そのマップ上で戦をさせるというのは奇妙に感じられました。たとえば名胡桃城襲撃などは、それでもよかったでしょう。しかし大坂の陣の場合は、それらしき描写を一応は出すか、それがどうしても無理なら、ナレで済ますという方法もあったはずです。あのマップはわかりやすかったのですが、あのような使われ方はいささか頂けませんでした。

無論、従来の大河の重さに苦手意識を覚えていたけれど、これなら観ることができたという人もいるでしょう。前年の『花燃ゆ』が今一つだったせいもありますが、私も三谷ドラマとしては楽しむことができ、実際こういう描き方もあるというのも納得できました。ただし、『真田丸』も数ある大河ドラマの一作品であるにも関わらず、これのみが持ち上げられるが如き風潮も感じられたため、それは如何なものかと思ったこともありました。

あと『真田丸』を評価している人で、同じ戦国大河である『軍師官兵衛』を評価しないというケースも目にしました。無論描き方、主人公の設定などの好みは様々なので、一概にどうとはいえませんが、私としては官兵衛も好きでしたし、先日も触れたように、場面によっては官兵衛の描写の方を評価したくなる時もあります。秀吉が何かにつけて「流石官兵衛じゃ」と言うのがやや鬱陶しくはありますが、しかしこれもまた一つの描き方ではあるのです。

しかし、この「一つの描き方」が通用しない例もあります。多くの女性主人公大河はやはりそれに該当します。これは、書き手によって解釈の異なる歴史的事実が少ないのが最大の原因ですが、それについてはまた改めて。

飲み物-カクテルとオイルランプ
スポンサーサイト



[ 2019/01/13 01:00 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud