fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ >  正月時代劇『家康、江戸を建てる』

正月時代劇『家康、江戸を建てる』

それから正月時代劇『家康、江戸を建てる』についても書いておきます。

水を制す

天正18(1590)年、徳川家康は豊臣秀吉により関東へ転封させられた。しかし中心地とするべき江戸は低湿地で、地下水には海水が混じっており、ここに町を作るためには、人々の飲料水を確保する必要があった。そこで家康は、菓子司の大久保藤五郎に白羽の矢を立てる。この藤五郎は戦場で家康の代わりに脚を撃たれ、再び戦には出られぬようになっていた。これは身代わりになったためだと思った藤五郎は、従者の安兵衛と江戸へ赴き、良質の水の確保に腐心する。ようやく飲める水を献上した藤五郎は、主水という名を授かる。しかし工事にはかなり手間取った。

家康の重臣である伊奈忠次は、氾濫のもととなる利根川の流れを変える普請に手間取っていたが、その後成果を上げて行った。一方で藤五郎は武蔵野の地主、内田六次郎の助けを借りて、七井の池から上水を通そうとしていた。やがて工事が進み、市中に樋を通すようになった時、春日清兵衛という青年が現れる。この清兵衛は六治郎の村の者でなく、熟練の職人をと要請するが、藤五郎と六次郎は反対する。自分のつてで集めると清兵衛は主張するが、家康の重臣で金庫番でもある大久保長安一味が工事の妨害を企み、清兵衛の職人集めも水泡に帰した。

そのような中、六次郎の村の者たちは清兵衛に直接教えを乞い、工事は着々と進行して行く。さらに藤五郎は伊奈に頭を下げ、利根川普請の職人たちを貸し出してもらった。その後水は江戸へ行き渡るが、肝心なところで失敗してしまう。これにはそれなりの月日がかかると見た藤五郎は、清兵衛に跡目を譲る。かつては役目に夢中な藤五郎に反発した娘絹も、母と2人で父を出迎えるようになって行った。その後藤五郎は再び菓子作りに戻るが、藤五郎不在の間家康はその間菓子断ちをしていたことを知る。また藤五郎は、自分が遣わされたのは、身代わりになったからではなかったことを知る。そして藤五郎はその後、再び水道工事に戻ることはなかった。

金貨の町

京の後藤家は彫金で有名で、大判作りを請け負っていた。橋本庄三郎はその後藤家の職人だった。しかし主人の徳乗やその弟長乗は、彼の手柄を自分の物にしてしまう。その庄三郎は、家康の命で長乗の弟と江戸へ出向き、大判を作ることになった。しかし江戸滞在が引き延ばされてしまう。徳乗の娘早紀と夫婦約束を交わしていた庄三郎だったが、それを邪魔立てしようとする企みだった。庄三郎たちが滞在する志村家では、娘の栗が気を利かせて、京の味を食膳にのぼせる。

家康の狙いは実は褒賞用の大判ではなく、一般にも使える小判を作り、全国に流通させようとしていた。そんな家康に庄三郎は、天下を握る野望を見て取る。しかし小判のことが漏れてしまい、秀吉の圧力も加わって、小判作りの計画は窮地に陥ってしまう。これを漏らしたのは、庄三郎の同僚で、やはり江戸へ来ていたものの、京へ戻っていた与一郎だった。しかし庄三郎は小判作りを主張し、それに後藤の名を刻み込むべく、後藤家に戻って駆け引きのすえ猶子となる。

その時既に早紀は、江州屋へ嫁入りしていた。久々に会った早紀はそっけなかった。その後江戸へ戻り、小判作りを進める庄三郎だが、太閤秀吉の薨去後に家康と石田三成とが対立、関ヶ原の戦いが起きる。で石田方の敗北が決まった後、庄三郎は家康名義の金子に関する高札を、混乱の最中にある京に立てる。それは庄三郎が、徳川家康のお墨付きをもらったことを意味していた。いまいましげな表情を見せる徳乗。そして庄三郎は再び早紀に出会うが、早紀は、庄三郎の手紙をすべて懐に持っていた。庄三郎はその手紙の内容を、悉くそらんじる。


まず全体的な感想ですが、この時代とかく政治的な駆け引きが表に出がちな中、治水や小判鋳造といった点を取り上げたのは評価できます。しかしちょっとわかりづらいところもありました。どちらもそうなのですが、家康の都市計画として描きたいのか、その人物を掘り下げて描きたいのかが曖昧だったように見えます。これらの人物をそれぞれ、BS時代劇3回分くらいで描けば、もう少し面白くなったのではないでしょうか。徳川家康や大久保長安が登場しているのに、ちょっともったいないなと思いました。それにしても高嶋政伸さん、正月時代劇のレギュラー化しています。

それから「水を制す」に関して。佐々木蔵之介さん演じる藤五郎、生瀬勝久さんの演じる六治郎のキャラがなかなかいい。この2人が主役でもう1つ土曜時代ドラマ的な物が作れそうです。松重豊さん演じる伊奈忠次、当初は敵役かと思っていましたが、意外や意外ではありました。江戸の上水道(神田上水)作りにも、当然というかかなりの苦心、苦労があったわけですが、最後に水が噴き出すシーンは、まだまだこの計画が途上段階にあることを物語ってもいました。そこで清兵衛、昨年の『風雲児たち~蘭学革命篇~』の平賀源内同様、何だか変な人物だなと思ってはいたのですが、最終的にはこの人に委ねられたのですね。家康の「菓子断ち」には泣けます。

そして「金貨の町」ですが、どう見ても
柄本佑さん=寅王丸
吉田鋼太郎さん=嘉納伝助、津田監物
吹越満さん=小野和泉守、足利義昭
のイメージです。
特に吉田さん扮する後藤徳乗が、高札をこんなもの呼ばわりするところに、『花子とアン』の「こげなもん」がどうしても連想されます。「水を制す」同様、主人公が陰謀に巻き込まれそうになりながらも、何とか自分の役割を成し遂げて行く筋立てになっていますが、こちらの主人公の方もまた、なかなかシビアな経験をしています。またどちらかといえば家康との接点は、この人の方が大きいかもしれません。実際職人の身でありながら、関ヶ原まで駆けつけていますし。最後の早紀への自分の手紙をそらんじるシーンが、ちょっと『シラノ・ド・ベルジュラック』の最後の部分を思わせます。もちろんこちらは代筆ではありませんが。

飲み物-ドリップコーヒー
スポンサーサイト



[ 2019/01/08 00:30 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud