fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  軍師官兵衛徒然-35

軍師官兵衛徒然-35

秀吉はお伽衆との会話で、次の天下人は官兵衛だと言います。それは官兵衛を警戒していることを意味していました。酒席での戯言とはいえ、今後を案じた官兵衛は長政に家督を譲り、隠居することを決意します。茶々も懐妊し、子供という守るべき存在が出来た人物は、疑い深くなることを、官兵衛は自らの経験で知っていました。かつての主君小寺政職も、子が出来たことで父職隆のお家乗っ取りを疑い、自分が家督を継いでいたためです。官兵衛のいない豊臣家は屋台骨がぐらつくと、徳川家康は密かにそれを期待し、また石田三成も官兵衛の隠居を待ち望んでいたものの、秀吉から叱責されます。実際秀吉は、茶々に対して至れり尽くせりの状態でした。

また茶々も気兼ねなく生活したいと言い、淀城が出来るのを待ちわびていました。茶々を嫌っているマグダレナは、おねの前でそういうことを言う茶々に眉をひそめます。一方秀吉は、案の定官兵衛の隠居を押し留め、あれは戯言に過ぎぬと言います。その頃秀吉は大仏も建立しており、飛ぶ鳥落とす勢いとなっていました。そんな時増田長盛が城門に貼られていたと言って、秀吉を皮肉った落首を持参して現れます。これに対し秀吉は門番17人を拷問にかけ、さらに疑わしいものや彼らを匿った者は、女子供を問わず殺してしまい、おねを嘆かせます。官兵衛はおねからの誘いに応じて聚楽第へ出向き、秀吉をこの件で諫め、豊臣家の先行きは危ないとまで口にします。

秀吉は、だからこそお前を手放せんのじゃと言い、子の誕生を祝ってもらえるよう、大名たちに金銀を振舞います。そして天正17(1589)年、秀吉に男児が生まれ、棄と名付けられます。後の鶴松です。また長政は家督を継、従五位下甲斐守に任ぜられます。久々におね、そして福島正則と再会して喜ぶ長政。正則は茶々が子を産んだことによる、三成の家中での権勢をよからぬことと思っていました。そして官兵衛は隠居はせず、黒田家の当主としてでなく秀吉に仕えることになります。秀吉の次の目標は北条でした。姻戚の家康の上洛の説得も拒否した北条氏政攻めに加わる官兵衛、楽隠居はまだ遠い先のようです。

大河で描かれる茶々はその時々の差こそあれ、我儘なお姫様というイメージで描かれています。この時の茶々は、特にその印象が強くなっています。そして秀吉は、すっかりその茶々の言うままになっており、自分や茶々の懐妊を揶揄した落首を見て、門番をまず拷問にかけて処刑し、疑わしい者をことごとく処罰させます。『真田丸』で、聚楽第の壁に落書きがされていましたが、ちょうどあれと同じです。また子供が出来るということで、周囲の者に対する警戒心が高まり、官兵衛もそれを案じていました。こういう秀吉の疑り深さは、他の大河でも描かれています。同時に天下を極めた人間の、飽くことのない贅沢または狂気とセットになってもいます。

秀吉の第一子、棄(鶴松)が生まれたのは天正17年で、正に小田原征伐を起こし、国内の敵を一掃遷都するその少し前でした。しかしこの棄は小田原征伐後に夭折し、その後生まれた拾が後に秀頼となります。その小田原征伐ですが、ご存知のように圧倒的な秀吉軍が小田原城を包囲します。茶々も同行し、途中で温泉に出かけたりもしています。既に小田原を平定した後には、明を攻めることも官兵衛の家臣たちは知っていました。つまりまだまだ戦は続くわけで、それまでは隠居もできなかったわけです。一方家督を継いだ長政は、久々に「おかか様」おねと対面し、黒田の家とおかか様を守るとおねに告げます。

無論おねは、彼らが徒党を組んで家中を分裂させることを案じていました。しかし福島正則は、徒党を組んでいるのは三成だと言います。これも既に関ヶ原フラグです。この回のサブタイトルの「跡を継ぐ者」、黒田家に於ける長政とも、豊臣家の棄とも取れます。しかしこのおねと、福島正則、長政、加藤清正らとの関係と取れなくもなさそうです。おねには実子はいませんでしたが、彼ら我が子同然に育てた武将たちが、最終的に自分を慕ってくれ、しかも茶々と秀頼のような悲劇に終わることもなかったことを思えば、まだ幸せであったといえそうです。一番手を焼いたのは、身内である小早川秀秋だったかもしれません。

飲み物-パブのビール3杯
スポンサーサイト



[ 2018/12/29 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud