fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  その他 >  19世紀後半の婦人服とバッスル

19世紀後半の婦人服とバッスル

では、バッスルについて。男性のフロックコートに関しては、大河関連で触れていますが、19世紀後半の婦人服については、恐らくまだ触れていないと思います。元々19世紀半ば頃までは、クリノリンスタイルと呼ばれる大スカートの時代でした。『風と共に去りぬ』などはこの時代が舞台になっているので、クリノリンという輪っか状の下着によって、裾回りが広がったスカートやドレスが登場します。しかしこれに暖炉の火が引火したり、あるいは引っかかったり(あれだけ広いのだから当然ですが)という事故が相次ぎ、そのためクリノリンは衰退して、バッスルの時代となります。このバッスルは20世紀初頭まで続きます。所謂鹿鳴館スタイルのドレスのシルエット、あれはバッスルによって作られました。このWikimediaの画像は1880年代のもので、正に鹿鳴館時代のスタイルといえます。

バッスル

これは形は様々ですが、いずれもドレスやスカートの後ろの部分を膨らませる形になります。クリノリンが衰退して、バッスルに取って代わられた1870年代、日本では明治初年ですが、その当時はそこまで大きくなかったものの、その後段々大きくなって行きます。ただし1880年代に一度バッスルが消えた時代がありました。この時は体に沿った、ウエストに切り替えのないラインのドレスが一時的に流行り、アレクサンドラ王太子妃がこれを好んだため、プリンセスラインと呼ばれるようになります。しかしその後バッスルは復活し、更に今度はオーバースカート(ドレスの一番上のスカート部分)を後ろでたくし上げて着るようになります。またこの時代、プリンセスラインを除けばドレスはツーピース式が主流でした。

つまり同じ柄のボディス(胴着)とスカートを組み合わせて着ていたのです。またこの当時は様々な柄の布地が登場し、かなり可愛らしい柄のドレスもあります。さらにフラウンス(フリル飾り)も用いられました。『赤毛のアン』の舞台となる時代であることを思えば、アンがこういう「きれいな」服に対して、羨望の念を抱いたのも無理からぬ話であります。ところで話題が変わりますが、ローラ・アシュレイはイオンとの契約終了後、伊藤忠が販売することが決まったようです。あのブランドがお気に入りという人も少なくないと思いますし、これで一安心ではないでしょうか。あのブランドも、如何にも英国的な小花模様が売り物ですが、ローラ・アシュレイ自身が作り出したビクトリア朝のスカーフが、そものもの発端といわれています。

スポンサーサイト



[ 2018/11/09 01:00 ] その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud