fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  応天の門 >  『応天の門』藤原多美子、入内の事四

『応天の門』藤原多美子、入内の事四

入内前の藤原多美子が住んでいる屋敷で奇妙な物音がし、漢学の教師として屋敷に通っていた白梅は、ネズミの仕業と言って目草(ハッカ)を焚かせます。しかし奇妙な物音の正体は、五寸釘で人形を床下に打ち付ける音でした。さらに多美子の食事に毒が仕込まれていたことで、その配膳を請け負っていた女官が里下がりさせられるなど、入内前の姫を巡って、何やら陰謀が仕組まれているようです。そんな時白梅は在原業平に会います。

************************

多美子のいる屋敷で白梅は在原業平と出くわす。業平は訝しむが、すべて高子が仕組んだことと知って納得する。しかし高子は、敢えて業平を通さずに道真に要請してのに、白梅が見つかったことですべてがわかってしまう。その一方で、多美子の警護に関してはかなり事態が緊迫していた。道真は業平がいるから、わざわざ白梅が出るまでもないと言うが、入内前の姫の屋敷に、男が立ち入るのはまずいと白梅を頼りにする。

その多美子は入内前日に父良相の屋敷へ移り、それから御所へ向かうことになっていた。良相の屋敷から御所までは近く警護もできるが、問題は今の屋敷(多美子の母の実家)から良相の屋敷までの道順だった。過剰な警備はつけられないが、誰が多美子を狙っているかもわからなかった。そして百鬼夜行のこともあり、手が抜けない状態だった。道真は百鬼夜行という言葉にぴんと来るものがあった。

その頃紀長谷雄は、昭姫の店に来ていた。人通りが多いという長谷雄に昭姫は、藤原の姫様の入内が間近であること、さらにその祝いとして、藤原屋敷の前で粥の炊き出しが行われることを話す。昭姫はまた長谷雄に双六を勧めるが、長谷雄はもう二度としないと決めていた。最近道真も付き合いが悪いのでこの店に来たのだが、そこで長谷雄は店の女、小藤が怪しげな男に羽交い絞めにされているのを見る。

その男は伴善男の甥の豊城だった。同行していた中庸の制止を振り切り、小藤を慰みものにしようとするが、小藤の夫が現れる。しかし豊城はたじろぐ様子もなく、そこで長谷雄が小藤を助けたさに登場する。名を名乗れと豊城にいわれた長谷雄は、自分の名を名乗るが、紀家、特に兄の夏井を恨む豊城はその場で刀を抜いて、小藤の袖を床に突き刺し、そのうえでサイコロ勝負を挑む。お前が勝てばこの女を解放すると言うのだった。

長谷雄は受けて立つしかなかった。しかしその時、店の女たちが入り口で慌ただしくしているのを目にする。賽の目は豊城が8、長谷雄が9であったため、長谷雄が勝って小藤が解放されるはずだった。しかし豊城はいかさまだと言いがかりをつける。長谷雄は窮地に陥るが、その時業平が現れる。豊城は業平が昔藤原の姫を攫ったことに触れ、入内前の姫はさぞかし味がいいのだろうなと無遠慮に話す。

中庸が何とか豊城を連れ帰る。あれは誰なのですかと訊く長谷雄に、紀夏井の弟だと業平は答える。長谷雄にしてみれば、夏井の家はとうの昔に枝分かれており、一緒にされてはたまったものではなかった。危険な賭けに出た長谷雄を昭姫はほめるが、実は入り口付近の様子で、誰かが役人を呼びに行ったのに感づいていたのだった。しかしうちで借金を踏み倒したのは忘れませんからねと、今度は昭姫に釘を刺されてしまう。

業平は豊城の刀を不審に思っていた。それは検非違使の刀だったのである。魂鎮めの祭りで矢が撃ち込まれた際、殺された検非違使の刀は回収されていなかった。矢を射込んだのは豊城ではないかと思ったのである。そして業平は、長谷雄がなぜまた双六をしているのか尋ねる。暇だからと言う長谷雄に、手伝ってほしいことがあると業平は持ちかける。何でもやりますと言う長谷雄に、「何でも」だなと業平は念を押す。

そして藤原良房の屋敷では、護摩が焚かれ、祈祷が行われていた。表向きは多美子の入内の無事を祈願してのことだが、養子の良房はそれに裏があることに気づいていた。そして庭先で間者と会い、多美子の女官、深雪が失敗したという報告を受ける。良房は、ではやはり物の怪の力に頼るとするかと、意味ありげな言葉を吐く。その頃多美子は、奉納の写経を行っていた。入内まであと5日だった。

************************

品行の悪さで定評のある豊城が昭姫の店に押し掛け、乱暴狼藉を働きます。しかし業平がその場に呼ばれ、豊城は店を後にしますが、その時の豊城の刀が、検非違使の物であることに気づきます。あの場で矢を射た犯人は誰なのか、そして多美子をどうやって安全に父の屋敷に移すか、なにかと気苦労が多そうな業平です。その時店に来ていた長谷雄が暇そうにしているのを見て、業平はあることを思いついたようです。そして多美子の入内を快く思わない良房は、「物の怪の力」を借りることにします。

スポンサーサイト



[ 2018/11/04 23:45 ] 応天の門 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud