fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  トップリーグ第7節とカップ戦、トップチャレンジリーグ

トップリーグ第7節とカップ戦、トップチャレンジリーグ

第7節の結果です。(赤文字勝利チーム)

NTTコム 31-12 宗像サニックス
日野 12-50 サントリー
パナソニック 25-6 キヤノン
ヤマハ発動機 40-36 リコー
トヨタ自動車 31-20 豊田自動織機
神戸製鋼 48-31 NEC
コカ・コーラ 12-50 クボタ
Honda  45-26 東芝

尚リーグ戦はこの第7節で終わり、11月からは代表選手抜きでカップ戦、そして順位決定戦となります。カップ戦の詳細に関しては、こちらの記事をどうぞ。

ジャパンラグビートップリーグ2018-2019実施概要をチェック!
(トップリーグ公式サイト)

また11月にはトップチャレンジリーグ、つまり下位リーグからトップリーグへの昇格戦も行われます。

それから試合寸評、まず第6節の分です。

NTTコム-トヨタ自動車
文字通りの接戦となった試合。NTTコムは一時はリードし、つかずはなれずのスコアで食い下がり、さらに相手のシンビン狙いで得点もしているだけに、2点差が悔やみきれません。敢闘賞もののプレーといえるでしょう。

宗像サニックス-サントリー
先制したのはサニックスで、途中まではさほどの差がない試合。むしろサニックスが一度はリードするものの、後半突き放されるというパターンでした。結果的にそう大差ではなく、あれならもう1トライ1ゴールできたのではないかと思うのですが。未だに手動のスコアボードのグローバルスタジアム、ワールドユースを思い出します。

そして第7節の5試合。

NTTコム-宗像サニックス
先制したのはサニックス、前半30分まで相手に得点させず、これはいい感じかもと思っていたのですが、前半終了頃からNTTコムペース。サニックスは、後半にトライを挙げるもののやはり追い付かず、結局リーグ戦では一勝もできないままとなりました。

日野-サントリー
こちらはサントリーの一方的な展開で、日野は前半得点なし。やはり自分たちがが得点できなかったのはちょっと痛いです。後半になってやっとトライを挙げたものの、点差が開きすぎでした。残念。

パナソニック-キヤノン
代表選手を欠きながら相手をノートライに抑えたパナ。後半はあまりスコアが動かなかったものの、ゴールを割らせないというのはさすがにパナの底力というべきでしょうか。なおこの試合、新装なった熊谷ラグビー場で行われました。

ヤマハ発動機-リコー
前回パナソニックに勝って波に乗るリコー、この試合も取りつ取られつの展開で、このままリコーが勝てば面白いかもと思ってはいたのですが、結果は40-36でヤマハの勝利でした。しかしリコー、神鳥監督のもと、大物食いも夢ではないチームに変貌しつつあるのは、注目すべきところです。

神戸製鋼-NEC
平尾氏の命日に行われたこの試合、やはり白星を挙げたのは神戸製鋼でした。NECも健闘したのは認めますが、すべての面において相手が上回っていたというべきでしょう。ダン・カーターがこの試合も冴えわたっていました。

それから日本代表対世界選抜、ブレディスローカップに関しては水曜日にアップ予定です。

スポンサーサイト



[ 2018/10/29 22:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud