fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『篤姫』の江戸開城前後の描写 4

『篤姫』の江戸開城前後の描写 4

まず昨日の『西郷どん』のあらすじと感想、動画リンクをはじめ一部修正しています。

では第46回「慶喜救出」なのですが、この大河では無論ロッシュのせいではなく、官軍が錦旗を上げたため、慶喜は大坂から逃げ帰ることになります。その慶喜に事情を聞く天璋院ですが、そもそも慶喜が天璋院を訪ねて来たのは、ほかならぬ勝海舟の差し金でした。天璋院が和宮(静寛院宮)に語ったところによれば、「つかみどころがない」人物なのですが、この時も、大坂から戻ったことを多少言い訳がましく言います。慶喜本人としては、切腹も考えていたのでしょう。

しかしここで天璋院は怖い表情になり、首ひとつで済ますなどきれいごとじゃと、慶喜の意向を頭からはねつけるようなことを言います。こうなると天璋院の独壇場です。当主を殺して残る徳川家など抜け殻じゃ、しかも自分が女だから、成り上がり者だから軽く見ているとまで口にします。実際天璋院に会う前、慶喜自身がこれに類した(分家筋の娘であるとか)ことを言っているわけで、誰か立ち聞きでもしたのではないかと思うほどです。さらに天璋院は、生き延びてもらわねばならぬとまで言います。

生き恥を晒し、家定、家茂の分まで生きよと言うのですが、これはちょっとどうかなと思わなくもありません。もし慶喜がこの2人、あるいはどちらかを毒殺でもしていたのなら、これ以上ない復讐とも考えられますが、この大河的にそれはなさそうです。(原作では毒殺説が採られているようですが)元々慶喜許せぬという声が大奥に渦巻き、それに天璋院が乗っかったと取れなくもありません。しかしこの部分があまりに長く、お説教で尺を稼いでいるように見えてしまいます。

またその後で、助命嘆願が出て来ます。この場合は朝廷への助命嘆願ですが、なぜそこまでしてくれるのか、訝る慶喜に対し、我々は家族だからと天璋院は言います。確か以前、侍女たちにも同じようなことを言っていたと思います。私としては「家族だから」より、「徳川の安泰のため」でいいのではないかと思いますが。それとお龍が手紙を書いているシーンがありますが、「男たちはなぜ戦を」といったことを書いています。しかし、彼女の夫は戦に不可欠な武器商人だったわけなのですが。

そしてこれもそういう設定なのでしょうが、勝海舟があまりそれらしくないですね。普通勝海舟といえばべらんめえで、ちょっと伝法な感じで、名門出身者を少し小馬鹿にしたところがあり、しかもおしゃべりで、少々勇み肌といった感じです。しかしこれでは北大路欣也さんが演じているせいか、如何にも忠臣といったイメージです。北大路さんといえば『江~姫たちの戦国~』と『花燃ゆ』にも出演していましたね。

そして天璋院の分身とも言うべき存在の小松帯刀、脚が悪いにもかかわらず京へ発ちます。あるいは小松があちこち動き回る設定こそが、後の『江』に反映されたのではないかと思いますが、実際は、病気のため京へ行っていないはずです。それはさておき、薩摩を発つ際に妻の近に、夫婦になれて幸せだったと言うのですが、これがあまりにもフラグ過ぎるように思います。それと杖を使って歩くシーンがどうも、『軍師官兵衛』を連想してしまいます。

次は第47回「大奥の使者」ですが、これは明らかに創作と思われる部分があります。

飲み物-ラテアート
スポンサーサイト



[ 2018/10/24 01:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud