fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  西郷どん >  西郷どんスペシャル3

西郷どんスペシャル3

ではスペシャル第3弾です。今回は明治編の紹介ということもあり、文明開化による西洋の事物や食文化を、部分的に絡めた紹介になっています。当時は西洋人に追い付こうと肉料理が奨励され、要人の間で、西洋人のように髭を生やすことが流行しました。タイトルバック撮影裏話に加えて、菊次郎の登場を含めた今後の展開も紹介され、さらに大久保利通と榎本武揚のご子孫が登場したり、これは先日の「歴史的背景」でも触れましたが、庄内地方の人々の、西郷への尊敬の念が紹介されており、内容的には結構楽しめました。西郷と大久保、そして榎本武揚も農業を重視した人物であり、明治の殖産興業への視点が窺えます。しかし大久保の知名度が、西郷に比べるとやはり低いようで。西郷即ち西南戦争のイメージなのに対し、大久保はそれに該当するものがないせいもあるでしょう。

ところでその当時の料理書の「カレーライス」が、高橋英樹さんをはじめ出演者にふるまわれていました。カレーとはいうものの、生姜とニンニク(これはわかります)、ネギ、カエルの肉を入れた物で、色も結構薄めです。19世紀後半のカレーというと、ホームズのシリーズの『海軍条約文書事件』の最後の部分、思いがけないところから文書が発見されるのですが、その前にホームズが、ハドソン夫人のカレー料理をほめるくだりがあります。実はパペットホームズで、この『海軍条約文書事件』を原作にした「百匹のおたまじゃくしの冒険」が放送された時、本編後に当時のイギリスの、カレー料理の本が紹介されていました。恐らく前出のカレーも、そういう本の和訳を参考にしたものだったのでしょうか。それから肉食に関しては、騎士道、武士道そして闘球でご紹介した、慶應ラグビーの強化に携わったエドワード・B・クラーク氏が、日本人は体が小さいからもっとビフテキを食べなさいと語っています。

スポンサーサイト



[ 2018/10/22 22:30 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud