fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ドラマ  >  ガリレオ >  ガリレオと事件と人間関係

ガリレオと事件と人間関係

ガリレオの第三弾目です。このドラマの特徴として、というか東野圭吾氏の原作がそうなのですが、事件で起きるのは非日常的なことで、そのため警察が頭を悩ませ、湯川准教の所に相談に来るわけです。非日常というのは、しばしなオカルト的な要素もあるわけですが、断じてこれらはオカルトではなく、すべて科学的に証明できるものばかりです。それを如何に証明するかというのが、このドラマの見どころであるわけですが、同時に、人間関係も見逃せません。

原作では、本来湯川=ホームズ、草薙=ワトソンといった役どころのようです。尤もドラマの場合は、このコンビではなく、内海薫が最初から登場します。おおまかに言って湯川と内海、弓削、そして監察医の城ノ内に加え、助手の栗林と学生たちが絡むのが一般的です。この場合ワトソン役は、意外と(万年?)助手の栗林さんなのではないかとも思います。ちなみに内海は、第5章で女子学生の谷口から相談を持ちかけられ、湯川との恋愛関係かと思って話を聞くものの、実はアーチェリー部員との交際についてのもので、むしろ逆に、自分が湯川と付き合っていると思われていると聞かされ、かなり驚きます。

湯川の事件の解明は、授業に則った方法ですが、その前に、思いついたことを整理するために地面や車の曇った窓などに方程式を書き連ねます。如何にも「変人ガリレオ」の面目躍如といった感がありますが、彼の推理にはこの行為が不可欠です。その後、研究室での実験と、黒板への板書という形を取って、徐々に事件の全貌が明らかになって行きます。無論それ以外にも、現場周囲の事物であるとか、容疑者や関係者のちょっとした表情も見逃さず、エピソードによっては、これが結構重要な位置を占める時もあります。

ドラマの構成は、犯行と犯人がまず紹介され、その後事件解決となる倒叙の方式が多いです。かつて『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』でも用いられた方法です。犯行の手口をあらかじめ見せることで、どのような過程を経てその犯行にたどり着くかを見る楽しみがあるからでしょう。

画像

スポンサーサイト



[ 2015/06/08 00:13 ] ドラマ ガリレオ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud