fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  Taiga Drama  >  Sego-don >  About William Willis

About William Willis

He was a British doctor in the middle of the 19th century. He came to Japan in 1862 as a doctor of the British Embassy of Japan and cured the three British persons who were wounded in the Namamugi Incident. And e held an inquest over Charles Lennox Richardson. He also cured the British soldiers in the Satsuma Bombardment. Later he was appointed to the chief of staff of the embassy while working as doctor. 

In the Battle of Toba-Fushimi and the Boshin War, he cured many wounded soldiers of both armies, the New government army and that of the shogunate. He brought philanthropy by his medical act. He interacted with Sir Harry Parkes and Sir Ernest Mason Satow. And he contributed to the Faculties of medicine of Tokyo University and Kagoshima University. He also made efforts to spread preventive medicine and public health. Later he brought modern medicine to Thailand called Siam at that time also.

He was from Northern Ireland and studied medicine at Edinburgh University. He weighed 127 kilogrammes (about 280 pounds, 20 stone) though Dr. Willis in "Segodon" is slender.

ウィリアム・ウィリス
William Willis (from Wikimedia)

スポンサーサイト



[ 2018/09/26 23:30 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud