fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビーメディアに思うこと-7 ラグビーとテレビ中継

ラグビーメディアに思うこと-7 ラグビーとテレビ中継

ラグビーメディア関連、今回は電波メディアに関してです。ラグビーはかつてはNHK、民放両方で放送されていました。その後衛星放送が登場してからは、国際試合やワールドカップはそちらの方に移動しました。しかし一部は地上波でも放送されていました。このラグビー放送枠に変化が起こるのは、Jリーグ開幕後といわれています。元々ラグビーの放送枠はそう多くはなかったため、一概にJリーグのせいとはいえないのですが、しかし地上波はJリーグ優先となったふしは確かにあります。それでも1995年ワールドカップは、テレ朝系列で放送されることになったらしいのですが、それが立ち消えとなり、NHKが結局放送することになりました。

しかしこの時の放送試合数は急に決まったせいもあり、何ともわびしいものでした。日本の試合をすべて入れて、10試合あったかどうかです。これはメディアのせいというより、日本ラグビーフットボール協会の対応のまずさということもできます。この90年代半ばは、ラグビーそのものの話題性が少なくなったこともあり、放送試合数も少なく、当時の5か国と南半球3か国だけがNHKBSで放送されていました。この状況に風穴を開けたのがJスカイB(現スカパー!)でした。SKYSportsがラグビー放送を行うようになり、1999年ワールドカップの全試合を生中継するという、その当時のラグビー放送の状況からすれば、まさに快挙ともいうべきことを成し遂げたわけです。

とはいえこの時の放送は、すべてに日本語の中継や解説が入るわけではありませんでした。それでも95年大会の少なさで懲りていただけに、ワールドカップの全試合を観られるというのは、かなりありがたいものでした。その後この局はJSKYSPORTSとなり、また多くの日本人が観られなかった、1995年大会のリーグ戦を放送しました。無論スーパー12(現スーパーラグビー)や、日本を含むその他の国際試合も放送し、ラグビー好きに取ってこのチャンネルの契約は、いわば不可欠なものとなって行きました。そして2003年、今の名称JSPORTSとなります。その後もイングランドのプレミアシップ、フランスのプロリーグなどが放送された時期もありました。

その後スーパー12のチーム数が増えてスーパー14となり、さらに2011年、メルボルンのチーム、レベルズの加入に伴って、現在の名称スーパーラグビーとなります。この時期になるとトップリーグと南半球、そして高校ラグビーメインとなって行きます。この時期でも6か国対抗は行われていましたが、その6か国も今はWOWOWが放映権を持つようになりました。個人的には、やはり日本のチームの活躍を観たいわけですから、ここのところは6か国はお休みして(ネットで結果だけ見て)、スーパーラグビー中心のスタイルになっています。とはいうものの、スーパーラグビーも週3試合程度ではあるのですが。

JSPORTSもかつてはCSでしたが、今はBSとなっています。ワールドカップ全試合生中継は、その後も行われています。2007年大会では、日本がリーグ最終戦相手のカナダにロスタイムで追いつき、引き分けとなりましたが、この時は日テレ系列でも放送されていました。しかしながら、このロスタイムで日テレがCMを入れてしまい、そのためこの時のトライシーンを見逃した人がいたそうです。これはやはり入れるべきではなかったでしょう。CMといえば、かつてテレ朝系列が社会人、今のトップリーグの試合を放送した時も、プロ野球中継さながらにCMを入れまくりで、試合状況がよくわからないということもありました。

2015年大会では南アに勝利ということもあり、NHKがBSで録画放送をやっていました。しかしやはり、生で観た時の感動はかなり大きなものであり、その意味でも本当は生中継でやるべきでしょう。ラグビー専門チャンネルでもあればいいのですが、それが実現するには今後次第といった感もあります。そしてそれには、やはりラグビー界全体の意思統一もまた不可欠と思われます。ラグビー専門とはいわずとも、スポーツ専門チャンネルであれば、高校の七人制大会といった、メジャーでない大会も中継できるわけですし、特番やハイライトシーンの枠も取れるわけです。今後テレビそのものが生き残るには、やはり専門チャンネル化ではないかと考えてもいます。

飲み物-缶ビール
スポンサーサイト



[ 2018/09/15 00:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud