fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  軍師官兵衛徒然-19

軍師官兵衛徒然-19

前半のクライマックスであった有岡落城回も終わり、今回から元の形に戻します。家臣たちに助けられた官兵衛は隠し家へと移され、牢番の子玉松もまた助け出されます。有岡落城を知らされた官兵衛ですが、その後秀吉が訪れて三木城落城が間近なこと、竹中半兵衛の死を伝えます。その後官兵衛は安土に向かいますが、その時松寿丸もまた安土を訪れており、秀吉は二人の助命を乞い、松寿丸を匿ったのは半兵衛であったことを信長は知ります。
「さすが稀代の軍師、死してなおこの信長を手玉に取りおったか」
一方有岡落城で、城内の天主堂にいた荒木家の女性と子供は京へ連行されます。その幽閉先を高山右近が訪れ、信長に助命嘆願をしているとだしに話す一方、村重はまだ尼崎城に留まっていました。

官兵衛は有馬で湯治を続けているものの、左膝の回復の兆しは見えませんでした。それを嘆く善助に九郎右衛門は、ならば我らが生涯をかけて殿の脚になればいいと言います。そこへ光がやって来て、皆は再会を喜びます。しかし村重がいる尼崎城の外では、村重の関係者に対し、前代未聞というべき処刑が行われていました。しかも信長は、女子供を問わずさらなる荒木一族の処刑を考えており、明智光秀の諫言にも耳を貸しません。そして天正7(1579)年12月16日、だしと荒木家の女性、子供計36人は六条河原で斬首されます。このことは尼崎城の村重に知らされ、村重は持っていた茶碗を割り、雨の中外に出て信長を叫び、わめき、その後逃亡します。

有馬ではなおも官兵衛が歩く練習をしていたところ、善助がだしの訃報を告げます。悲しむ官兵衛。太兵衛はあと一歩という時にと言い、官兵衛の脚がかなり快方に向かっていることを悟っていました。しかし官兵衛は夜になると土牢の夢でうなされ、心を土牢に置いて来たようだと光に言うのでした。そんな折、松寿丸が九郎右衛門と姫路に戻ることになり、出発前に半兵衛から託された軍配を官兵衛に渡します。官兵衛は、半兵衛がその軍配に託した意味を悟り、自らも姫路に戻ることになります。翌年正月、姫路に戻った官兵衛は家臣たちの前で心配をかけたと言い、家臣たちからは、殿の力になりたいという声が洩れます。その後半兵衛の墓参を済ませた官兵衛は、再び戦場に姿を現すのでした。

助け出されたものの、土牢の凄惨な経験が脳裏にこびりついた官兵衛が、この先のことで悩んでいると、松寿丸が例の軍配を持って現れます。これに勇気づけられた官兵衛は、再び秀吉の許へ赴きますが、その一方で、荒木村重は尼崎城から逃亡します。この村重がうわごとのように繰り返す「信長には負けぬ」は、今後の伏線ですね。一方でだしや身内らは、女子供であることも考慮されず、六条河原で斬首の刑に処せられます。荒木の関係者に対する信長の姿勢は、容赦ないものでした。この16年後の文禄4(1595)年、今度は秀吉が三条河原で甥の豊臣秀次の家族を同様に処刑します。この時も女子供が打ち首となり、かなり残酷な処刑ではあったようです。

この時だしが他の女や子供たちと共に、レクイエムである"In Paradisum" (楽園にて)を口ずさむシーンがあります。これはタイタニック号が沈む時の、『主よ、みもとに近づかん』をいくらか連想させます。それはさておき、この大河では細川ガラシャが登場していませんが、このだしがその代わりを務めていると思われます。織豊政権が舞台の大河は、頻繁にガラシャが出て来ますが、こういう存在を持って来るのもまたいいかと思います。この人物のことも初めて知りましたし、夫に裏切られたための彼女の処刑は、静かながらも壮絶にも感じられ、これはこれでまた印象的であるかと思われます。

ところで明智光秀の信長への諫言、落ち着かない様子は、娘が荒木村次の妻であるのが関係しているでしょう。濃姫が仏前で祈っているのを見て、いくらかは心が慰められるのですが、この大河では、これもまた本能寺の一因と取れなくもありません。

飲み物-グラスビール
スポンサーサイト



[ 2018/09/08 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud