fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマの9月

大河ドラマの9月

そろそろ9月です。この時期になると大河も段々クライマックスに近づき、その一方で、翌年の大河のクランクインの情報も報道されるようになります。今後は『西郷どん』も、明治維新へ向けての展開となって行くのでしょう。ここ何年かを見ても、大体9月頃から最終段階に入り、主人公の生涯の中で一番大きな節目を迎える設定になっています。ガイドブックの完結編が発売されるのもこの時期です。

『花燃ゆ』は結果的に、9月からの群馬編が一番ドラマとしてはまとまっていました。美和がアイスクリームを作ったり、字を教えたりするシーンは特になくてもよかったと思いますが、ああしないと間を持たせられないのでしょう。『真田丸』は犬伏→第二次上田合戦→九度山の時期でした。九度山、やはりもう少しやってほしかったです。あそこでの生活を経験してこそ、信繁にまた変化が訪れることになるのですが、昌幸死去、信之の来訪とそば、たかの来訪と真田紐に終始した感がありますので。

そして『おんな城主 直虎』では、例の小野政次処刑の頃でした。あの描き方も何だか無理があったなと思います。井伊家伝記通りに奸臣として扱った方が、まだよかったかと思うほどです。特に執行人でなく直虎が槍を持って突き刺すなど、どう考えても変でしょう。おまけにこれに関してはスタッフ自身が、やれ涙が止まらないだの熱が出ただの、何やら目が点になるような発言もありました。視聴者がツイッターなどで言うのなら、まだわからなくもないのですが…。

それから『真田丸』もそうでしたが、40回以降がやはり長すぎたように思います。なかなか配分というのは難しいかと思いますが、大坂の陣そのものは、真田丸の築城と夏冬両方でも5回ほどで済んだと思います。それに関する人間関係を入れても、本当は7回程度で十分だったでしょう。そしてあの大坂の陣の描写でも、そして『直虎』の描写でも、主人公が主君とか自分の師の前で、誓いと思しき言葉を述べるシーンが出て来ます。『直虎』の場合は、還俗する時がそうでした。しかしああいうシーン、とかく学園ドラマ的になりがちというか、何か臭さを感じさせるのですね。無論それなりに泥臭く作ってあれば、それはそれで説得力があるのですが、そうでもない。何でああいう演出なのかなと疑問に思ったことがあります。

『直虎』の場合は直親の遺志を継いで…といったセリフだったかと思いますが、しかしよく考えれば、直親てあまり大したことやっていないのですね。子供の頃今川に追われて、信濃へと逃げて戻って来て、しのと結婚して子供を儲けて、今川方に嵌められて結局暗殺されるわけで、やったこととしては小野政次の方が遥かに大きかったわけです。ならばいっそ小野政次を、二心のある人間として、そして史実通りに妻子のある人物として描いてよかったかと思います。それとやはり主人公が直虎では弱かったかなと思っています。今川主役、井伊準主役でよかったのでしょう。あとやはり草履投げとか、それから殊更に既存のものをもじったサブタイなどもどうかと思いました。

一方『西郷どん』は今のままだと、明治維新、征韓論の辺りまではまず行くだろうと思います。その後吉之助が下野してどうなるのかでしょう。あるいは大久保暗殺(紀尾井坂の変)まであるかもしれません。原作では菊次郎が西南戦争を回想する形で締めくくられていましたので、それを踏襲することになるのでしょうか。9月に大政奉還と戊辰戦争、10月に遣欧使節団と新政府、11月に下野といった流れになるのでしょうか。方言指導の田上晃吉さんが演じる中原尚雄が、西南戦争に結構重要な役割を果たすので、恐らくあの戦争そのものは登場するでしょう。

そして来年の大河『いだてん~東京オリムピック噺~』ですが、これも最早観てみないと何とも言えません。ただ近代から現代が舞台であること、しかもスポーツがテーマになっていることで、今までの大河の中でも類似した作品が見つからず、そのためどういうドラマなのかを想像し難いところがあります。くれぐれも、これだったら大河にする意味がない、現代ドラマで十分だなどということがないようにしていただきたいものです。

飲み物-バーのラテフロート
スポンサーサイト



[ 2018/08/27 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud