fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  花燃ゆ >  花燃ゆ-18 続き 

花燃ゆ-18 続き 

先日の記事中でニュース記事を紹介しましたが、その中でやはり気になるのがこの箇所です。
「女性層や若者層を取り込もうと、イケメンをそろえ、そのイケメンの裸を満載にしてみたりしましたが」
本当にこの通りに作っているとしたら、大河も随分安っぽくなったものだと思わざるを得ません。無論過去にもこういう場面は度々登場していると思われますが、ただその場合、視聴者を取り込む目的であったかどうかということです。また、その後のこの部分もどうかと思います。
「結局、そういう人たちが望んでいるのは歴史の重厚感であり、高齢者向けの大河なんです」
本物志向=高齢者向けというのも妙なものです。20代であっても、もっと史実を描いたものを観たいという人はいるでしょう。以前ある20代の相撲ファンから、相撲が年配の人向けと思われているのが心外だと聞いたことがありますが、大河のファンもまた、別に年配者だけではないはずなのですが。

しかし幕末なんて面白いエピソードは豊富にあるわけで、それをきちんと描くだけでも相当面白くなるはずなのに、もったいないなと思います。もちろん、舞台がどこになるかで多少の変動はありますが、それでもこれとこれは外せないというのは必ず出て来ます。この『花燃ゆ』も、馬関での砲撃は一応描かれましたし、流石に久坂の最後の見せ場である、蛤御門の変も登場するでしょうが、その前の池田屋事件ももちろん見せてほしいです。
あと文がすぐ涙を流すのも、気になるといえば気になります。杉家は上士ではないものの武家ですし、その当時の武家で育った女性が、そう簡単に感情を表すとはちょっと考えにくくもあります。それとこのドラマでは、「つかあさい」の表現が多用されています。これは『龍馬傳』でもそうでした。恐らく周防灘周辺地域から四国、九州北部に至るまで広く使われていると思われますが、『花神』の場合は「しちょる」的な表現が中心でしたね。

画像



スポンサーサイト



[ 2015/06/03 00:13 ] 大河ドラマ 花燃ゆ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud