fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  パペットホームズ >  ダンカン・ロスの「赤毛クラブ」

ダンカン・ロスの「赤毛クラブ」

以前パペットホームズのベインズと、声の出演の浅利陽介さんについて書いたことがあります。今回はそのパペットホームズのダンカン・ロス関連で、ちなみに声の出演は、『鳴門秘帖』に出演中の武田真治さんです。このダンカン・ロスという名前、聞いたことがある人もいるでしょう。『赤髪連盟』で、ジェイベズ・ウィルソンを連盟に加入させる人物です。実は彼には別の企みがあるのですが、パペット版では、ベイカー寮の4年生という設定になっています。

このロスは赤毛の持ち主で、放課後学校の敷地内をぶらついていたウィルソンを赤毛クラブに誘います。如何にも武田さん風な、小柄なイケメンといった感じの生徒で、燃えるような赤毛でないとこのクラブには入れないと言い、今は彼ら2人しか部員がおらず、部室も以前テニスクラブが使っていた所でした。そして活動はといえば、ロスが持って来る物をウィルソンが赤く塗るという、何とも単純極まりないものです。そして気が散らないようにと、ロスはその間姿を隠していました、ウィルソンは懸命に石だの空き瓶だの、ボールだのを赤く塗り上げて行きます。

赤く塗ったものは、ロンドンの赤毛クラブの総本部に持って行くとロスは言いますが、ある日魔が差したウィルソンはこっそりロスの後をつけます。実は赤く塗られた物は、ロスがすべて学校の裏の洞窟に持ち込んでいました。その理由がわからず、ウィルソンはホームズに依頼して来たわけです。ホームズとワトソンは、洞窟の中で赤く塗られたビーナス像を見つけます。そのため美術室にそれを持参したところ、美術クラブ顧問のノートン先生は、こんないたずらをしたのは誰だと嘆きます。そこでホームズは、ダンカン・ロスについて尋ねます。

パペホダンカンロス
赤毛のダンカン・ロス


Duncan Ross
本物のダンカン・ロス
(画像はDVDシリーズ「赤毛クラブの冒険」及び冒険ファンブックより)

ロスが美術クラブの部員であるのはわかったものの、ノートン先生は彼が赤毛であるということを言いませんでした。ホームズたちはロスのキャンバスの所に羽根があるのを見つけ、動物に詳しいシャーマンに訊いたところ、これは白鳥の羽根だと言います。そこで池のそばに行った2人は、当のロスが絵を描こうとしているのを見つけます。しかし彼は赤毛ではありませんでした。実は赤毛はカツラで、要はウィルソンを池に近づけないための作戦だったのです。

ウィルソンが池に石を投げこんだりするので、絵の題材にしようと思った白鳥が近寄らなくなり、一計を案じたロスは、赤毛クラブなる架空のクラブを作って、ウィルソンを引き離していたわけです。直接近寄るなと言ってもよさそうなのですが、そこは彼も言い出しづらかったのでしょう。ちなみにその後赤毛クラブは解散しますが、ウィルソン、ロスはまた違った形で、それぞれ別のエピソードに登場することになります。

このパペットホームズでは、如何にも少年ぽい声のロスが、世の中に赤い物を増やすのが赤毛クラブの目標などと言っていて、あの甲賀家乗っ取りを企む旅川周馬とは、かなり違うなと思ったりもするのですが、それはともかく。ビーナスを赤く塗るのに味をしめたロスは、今度はナポレオン像を赤く塗らせる予定だったようです。『六つのナポレオン像』と関係しているのでしょうが、あまり持ち出すと、ノートン先生に叱られるのでは…。

スポンサーサイト



[ 2018/06/13 01:15 ] パペットホームズ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud