fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  2019年正月時代劇と成長物語としての大河

2019年正月時代劇と成長物語としての大河

まず、来年の正月時代劇の制作が発表されました。

正月時代劇『家康、江戸を建てる』制作開始!(NHK ONLINE)

2020年の大河は江戸が舞台だと予想していましたが、2020年は明智光秀、そして、江戸はここに持って来ましたか。大石内蔵助役と予想していた佐々木蔵之介さんもこちらに登場です。しかし『風雲児たち~蘭学革命篇~』の制作発表が8月であったことを考えると、今回はかなり早めです。キャストが1日目と2日目で変わっていること、収録に時間がかかることを考えると、そうなるのでしょう。高嶋政伸さん、今回も登場ですね。脚本は日曜劇場で有名な八津氏です。

ところで、『西郷どん』の放送開始から、半年近くになろうとしています。放送前、特に制作発表があった時は、「幕末版天地人」のようになるのではと思ったものですが、その予想とはかなり違った展開となっています。主人公が一定の段階を踏んで成長する姿は、結構見ごたえがありますし、『天地人』にありがちだった軽い印象も今までそうありません。吉之助の若い頃が多少ドジで、空気が読めないところもありますが、それでも納得できる範囲内ですし、内面が描かれているのもいいです。同じ西郷吉之助を描いた『翔ぶが如く』より面白く感じられる部分もあります。

出ている俳優さんもいいですし、原作や脚本もそう悪くはありません。制作統括がBL云々とコメントしたことなどで、ちょっとマイナスのイメージを持たれた部分もありますが、ちゃんと吉之助をメインにした人間ドラマになっています。近年の大河で、主人公の成長を描いた作品といえば『平清盛』、あるいは『軍師官兵衛』などが挙げられるかと思います。『真田丸』も成長と言えばそうですが、秀吉が亡くなって家康と三成が敵対するまでは、第一次上田合戦で梅を失う以外、主人公にそう厳しい試練はなかったように見えます。

成長して行く物語というのは、最初のうちはいささかもどかしいものです。とはいえ最初から主人公無双というのも、飽きが来るように思います。むしろ『真田丸』は昌幸無双の印象があり、それがわかりやすかった反面、昌幸退場後が今一つになった感もあるのです。かてて加えて、戦のシーンも限度がありますし、また史実をどこまで重視するかという問題もありますが、史実のみではドキュメンタリーは作れても、ドラマはやはり作れないでしょう。そもそも昔の大河の多くは、フィクション中心の小説に基づいたものでした。

無論女性主人公の大河に見られるように、史料が少ない人物は成長過程を辿れず、最終的にどういう人物になったかも曖昧であるし、史料があってもそれを無視してファンタジー風味にしたため、大河として失敗することが多いです。昨年の今頃ヒロインが綿を栽培したり、あるいは木材を切り出したりしていましたが、それが彼女の成長にどう影響したかの描写がやはり今一つでした。久坂美和(杉文)の奥女中時代の経験が、その後どう影響したかがよくわからないのと似ています。

産経新聞出版(ニッコームック)のガイドブック後編には、前編に引き続き中園ミホさんのインタビューが載っています。このインタビュー内容がなかなか興味深いです。ふき(およし)は時代考証の磯田氏のアイデアであるとは初めて知りました。何かの機会にご紹介できればと思います。個人的に中園さんの作品を観ておらず、先入観がなかったから楽しめているのかとも感じていますー無論、それだけではないでしょうが。

飲み物-バーのラテフロート
スポンサーサイト



[ 2018/06/07 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud