fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  西郷どん >  西郷どん第16回「斉彬の遺言」

西郷どん第16回「斉彬の遺言」

大老井伊直弼に反撃するため、京への出兵を提案する吉之助に、斉彬も乗り気になります。先発隊として京へ乗り込み、準備をする吉之助ですが、教練中の斉彬はその場に崩れ、やがて息を引き取ります。

**********************

吉之助たちは京で着々と準備を進め、鍵屋で皆で一杯やっていた。しかしそこへ月照が訪ねて来て、書状を渡す。それは斉彬の訃報であり、死後8日経って京に届けられたのである。教練での無理が祟ったと思われるが、近衛忠煕や橋本左内は、毒殺の可能性も捨てきれないと言う。吉之助は忠煕に、もう一度詔を帝に発してもらいように頼む。それは最後の手段として、水戸に出兵をしてもらうということだった。

橋本左内は京の同志へこのことを知らせ、吉之助は水戸斉昭に会いに江戸へ向かうことになった。気をつけるように2人に月照が忠告する。そして江戸では、まず一橋慶喜が江戸城で井伊直弼に面会した。所詮自分の言うことなど聞き入れぬと察した慶喜は、抜き打ちで会いにやって来て、日米修好通商条約の件で直弼を批判するが、当の直弼は多忙を言い訳にして、型通りの平身低頭を繰り返すのみに終始した。また松平慶永と水戸斉昭も登城した。

直弼は知ってか知らずか、2人に茶も食事も出さず長時間そのまま待たせておいた。空腹を抱えた2人がしびれを切らせた頃、直弼はやっと姿を見せ、何も出されていないことに驚いてみせ、さらに斉昭に、無理をなされると薩摩守のあとを追いかねないと嫌味を言う。そして今回も日米修好通商乗う役の件を持ち出された直弼は、慇懃無礼な態度を繰り返す。しかもこれが不時登城ということで、斉昭は蟄居、慶永も隠居と謹慎の処分を受けた。このため京から出兵の願いに駆け付けた吉之助は、斉昭に面会することもできなかった。吉之助は磯田屋を訪れることにした。

案の定そこには慶喜がいて、およし(ふき)に一緒に逃げようと打ち明けていた。そこへ吉之助が来て、2人は2階で話をする。水戸を動かそうと懸命な吉之助に、たとえ天子様の詔が下されたところで、蟄居処分で出兵などできぬと話す。また慶喜は自分もそうなることを予感していた。日本のために立ってくれと言う吉之助に慶喜は言う。
「薩摩守はもうおらんのだ。口惜しいが、あの男は大きかった」
そして2度と会わぬだろうと言って慶喜は去る。およしには、しばらく待っているようにと言って慶喜は磯田屋を後にした。

また詔の件は、直弼の知るところとなった。何と恐ろしい詔じゃと口にする直弼に、長野主膳はこの写しが諸藩に出回っていることを告げる。しかし帝を捕縛するわけに行かず、このような形で、帝をたぶらかした者を逮捕するべきと主膳は言う。吉之助は思いつめていた。自刃を考えもしたが、月照から、薩摩守のご遺志を無駄にしてはならない、ここで死ねば、吉之助の頭に中にある薩摩守の考えも無に帰してしまう、薩摩守となって生きるようにと諭される。

こうして幕府にたてつく者たちの捕縛、所謂安政の大獄が始まる。近衛忠煕は意気消沈するが、月照は幕府に赴くつもりでいた。そんな月照に吉之助は、薩摩に逃げる方法を勧める。いずれまた月照の力が必要になるとにらんでいたからだった。そして山伏に変装させることを思いつくが、かえって目立ってしまうため、普通の服装で薩摩へ行くことになった。また薩摩言葉も控えることになり、左内の手配で吉之助、俊斎、月照は舟に乗り込む。左内は別れ際に薬を渡し、日本国を治す医者になりたいと言う。

左内はこの時船頭に変装し、3人を見送る。しかしその変装を長野主膳に見破られ、捕らえられてしまう。これにより、吉之助と月照も幕府の狙うところとなった。吉之助は遠路を歩くことに慣れない月照を背負い、薩摩を目指す。しかし俊斎が、宿場で月照と吉之助の人相書きを見つけ、街道を歩くのが危険であるため、山中の道なき道を歩くしかなかった。宿にも泊まれず、3人は荒れ寺で夜を明かすことにする。

吉之助は月照に、殿がいなければ意味のない男だと言ったことを思い出していた。月照の「薩摩守になりなさい」、慶喜の「薩摩守はもうおらんのだ」の言葉が頭の中で渦巻き、吉之助は斉彬から拝領の脇差で自刃を考える。その時背後で声がした。振り向くとそこに斉彬が立っていてこう言った。
「お前は一体何を学んできたんだ」
吉之助は斉彬に近寄ろうとするが、それは幻だった。嗚咽しながら斉彬の遺志を継ぐことを誓う吉之助を、月照が見ていた。

**********************

まず、殿が立っている姿がなんだか舞台的ですね。背景の中に紛れ込んでいると言うべきか。もっと普通の格好で出て来てもよかったかと思うのですが、吉之助が最初に出会ったのがあの格好だから、今回もこうなったのでしょうか。

それと山伏の格好で歩くシーン、あれをお虎がやると妙に様になります(笑)。あと左内の船頭の変装も似合っています。またヒー様がしばらく会えないとおよしに言うシーンですが、およしも何か気づくところがあったようです。何か悪いことをして、追われているとでも思ったのでしょう。これがその後何かの伏線になるのでしょうか。あとこの次に慶喜と吉之助が会うのは、既に敵同士となってからでしょう。

伏線といえば、前回の「お前はわしになれ」が様々な形で登場します。改めて吉之助が、殿の不在を実感せざるをえなくなるわけで、だからこそ水戸に出兵を依頼する形となるわけですが、わざわざ登城するように仕向け、それを狙って蟄居にするという井伊直弼のやり方は、実に巧妙でした。しかもこの直弼のポーカーフェースが、その悪どさというか、面従腹背的な雰囲気を強めているように感じられます。

そして詔、所謂戊午の密勅ですが、将軍を通さずに水戸藩に直接届けられたこともあり、幕府はこの勅諚の内容をひた隠しにしました。またこの勅諚の取り扱いを巡って、水戸藩の状況が混沌としたともいえます。それにしても近衛様の羽織、あれは鳥獣戯画の柄なのでしょうか。

しかし『鳴門秘帖』のあらすじでも書きましたが、無論別々に脚本が作成されていると思うものの、幕府VS反幕府ということでどこか似通った点もあります。一度その共通点を拾い出してみようかとも考えています。

スポンサーサイト



[ 2018/05/01 01:00 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud