fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  風林火山 >  風林火山第49回「死闘川中島」

風林火山第49回「死闘川中島」

上杉と武田、互いに霧を利用しての策を打ちますが、勘助の策は裏目に出てしまい、その結果上杉軍を相手に武田軍は苦戦します。そして信玄の弟信繁も、援軍が来るまでの時間を稼ぐために出陣し、かつての傅役である、諸角共々敵兵に討たれます。

**********************

永禄4(1561)年9月9日、上杉軍は妻女山、武田軍は海津城にそれぞれ本陣を置いてにらみ合っていた。9月9日、勘助は雨模様の外を見ながら、「戦は我が人生の如し」という言葉を思い出していた。勘助の策としては兵力を二つに分け、別動隊を妻女山に送り込んで上杉の本陣を崩し、山を下りて来た彼らを川中島の八幡原で迎え撃つという作戦だった。しかしその一方で、かの老女おふくが上杉陣へ行き、宇佐美定満に目通りを乞うた。おふくは宇佐美にまず報酬をねだる。宇佐美が金3枚を与えると、勘助に言ったように、明日の朝は川中島は濃い霧の中だと教える。

勘助は翌朝は川中島に濃い霧が立つため、出陣は早ければ早いだけいいと主張し、卯の刻に攻めかかることになった。しかし上杉軍の方でも、宇佐美が敵は動くかもしれぬと言い、この霧を利用しない手はないと言う。宇佐美は、妻女山を下ることを提案する。しかも、旗や篝火はそのままに捨て置くという方法だった。しかもその時海津城では、食事を準備する煙が立ち込めていた。それは、数時間内に武田軍が動くということだった。

別動隊には飯富、馬場、高坂、真田、相木らの1万2千の兵が投入された。「明日こそは決戦にござる」と勘助。その後陣中で将校も兵も食事を摂り、勘助は真田や相木と共にいた。かつては彼らはすべて武田の敵であったが、晴信によってその運命を変えられた。敵を勢いづかせないためにも、別動隊の役割は大きかった。あるいはもう会えぬかもしれぬと真田は言い、相木はこのような戦いは、海ノ口以来だと言う。

信玄は信繁と差しで食事を摂り、今日は兄と呼んでくれと信繁に言う。この時信玄41歳、信繁37歳だった。信繁は息子の信豊に訓戒をしたため、お屋形様に逆意あるべからずと最初に書いたものの、このような訓戒がなくてもすむ世になってほしいと言う。そのためにも生き抜くのじゃと信玄。また信玄は、亡き大井夫人の衣に自分で陀羅尼を書いた物を信繁に渡し、いざという時は、これがそなたを守ると手渡す。その後、別動隊が次々に妻女山を目指して行き、山の方から霧が出始めた。

しかし妻女山に入った別動隊は、先に放った物見がことごとく討ち取られているのに気づく。そして真田幸隆は、敵の姿が見えないのを訝しんでいた。その頃忍芽はひどく胸騒ぎがしていたが、信じるほかない、信じることこそ女の戦と葉月に告げる。かたや上杉軍は山を下り、千曲川の方へと行軍を続けていた。また武田の本隊は、川中島へと向かう。武田は鶴翼の陣を敷いたが、敵はまだ見えなかった。霧で遅れているのではと言う勘助に、この霧は味方にばかり有利ではないと信玄は答える。

その時百足衆の一人が、かなたに騎馬武者が見えると報告する。それは上杉の兵で、しかも武田に不利な車懸の陣を敷いていた。別動隊は妻女山山頂がもぬけのからであることを知り、急いで下山するが、その時まで時間稼ぎをする必要があった。勘助は自らの失敗を認めるが、信玄に「そちがうろたえて何とする」と諭される。勘助の脳裏に、板垣信方の「真の軍師になれ」という言葉がよみがえった。勘助は鉄砲を用い、本陣を固めるものの、上杉軍の攻撃で陣形が乱れ始めていた。

そして信繁が、時間稼ぎのために本陣を発った。信玄から授かった陀羅尼の布の母衣をつけていたが、途中で春日源之丞に、これを信豊に渡せと命じる。自分の命は惜しくはないが、この母衣が奪われるのは口惜しいということで、そのまま信繁は馬を進め、上杉の武将たちと斬り合いとなる。満身創痍になりながらも敵を倒す信繁のもとへ、傅役であった諸角虎定が駆け寄る。信繁は最終的に柿崎景家に討たれ、虎定も上杉の騎馬武者に囲まれて落命した。信繁と諸角豊後守(虎定)の討ち死にの知らせは、ほどなく信玄のもとへと届けられた。

**********************

しかしこの場合、どう見ても宇佐美の方が勘助よりも上手だったということでしょう。というより、上杉方もおふくから情報を得ていたとは、よもや思わなかったのでしょうが。しかしおふくもまたちゃっかりしています。無論彼女にしてみれば、どちらに付くわけでもないのですから、両方に同じ情報を教え、報酬をもらえればあとはそちら次第というわけです。まさに信玄の言葉通り、この霧は味方にばかり有利ではなかったわけです。おまけに食事の準備をするのを、妻女山という高所から見下ろせる位置にいたのも、上杉には有利でした。

そして、信玄の最愛の弟である信繁が、この戦いで戦死します。さらに彼の従者ともいうべき諸角虎定も、この時に命を落とします。その意味でもこの第四次川中島の戦いは、一連の戦いの中でまさに激戦であり、死傷者を多く出した戦いでもありました。しかもこの時の信繁は、既に母衣を春日源之丞に渡していたため、何度かにわたって敵の槍を受けながらの死闘で、止めを刺したのは柿崎景家でした。この人は猛将として知られていますが、最近の研究では、内政の能力もあった人物といわれています。

スポンサーサイト



[ 2018/04/08 23:45 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud