fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  Taiga Drama  >  Sego-don >  ŌKUBO Jiemon

ŌKUBO Jiemon

ŌKUBO Jiemon Toshiyo was a samurai who served Satsuma domain and a father of Ōkubo Shōsuke, later Toshimichi.

He was born in 1794 and became the head of the Ōkubo family in 1821. He left Satsuma for his post in Okinoerabujima Island two times and had two daughters between a local woman called Fudē. After returning to Satsuma, he was involved in O-Yura sodo in 1849 and was exiled to Kikaishima Island. He was pardoned in July 1854 and went back to his house.

He is said to have been a fat and fair-skinned man and left his children alone but told his son not to act despicably. And later he made his daughters born between Fudē marry suitable men. He died in 1863 at the age of seventy.

In this series, he is described as a mild-mannered and brilliant man who expects from Shōsuke. Before being exiled to Kikaishima Island, he has a sumo match with him and promises him to meet again.

The image shows Mitsuru Hirata as Okubo Jiemon
(From the official website of "Segodon")

西郷どん大久保次右衛門
スポンサーサイト



[ 2018/03/28 23:00 ] Taiga Drama Sego-don | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud