fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  西郷どん >  西郷どん第3回「子どもは国の宝」

西郷どん第3回「子どもは国の宝」

窮乏にあえぐ西郷家が、いよいよ借金に踏み切ります。そして吉之助は、半次郎と名乗る少年と出会いますが、彼の家もそれ以上に困窮を極めていました。新しい藩主を望む吉之助ですが、調所広郷の自殺に激怒した斉興が粛清を始めてしまいます。

***********************

吉之助はその後も斉彬に文を送り、百姓のみならず侍の窮乏をも訴え続けた。薩摩は武士の人口が百姓に比べて高く、そのため多くの侍は貧しい暮らしを強いられていた。

そんなある日、吉之助は熊吉と猪狩りに出かけた。見事大きな猪を仕留めたが、熊吉は自分が仕留めたのだと言って聞かない。しかし、今度は若さぁが仕留めたことにしておきもんそと言い、2人で猪をぶら下げて上機嫌で帰宅した。しかし家では、弟の信吾が腹痛を起こしていた。ただでさえ龍右衛門の薬代がかかるうえに貧乏所帯で、とても医者に診せる余裕はなかった。吉之助は刀を質に入れようとしたが止められ、猪を売って足しにしようとするも、帰って来た吉兵衛に一喝される。

吉兵衛は借金をするつもりでいた。ならば家屋敷を売ると言う吉之助。この父子の口論に、そこへ訪ねて来た大久保次右衛門と正助も巻き込まれてしまう。次右衛門は、誰がおはんに金を貸すかと言うが、結局赤山靱負の取りなしにより、板垣という庄屋から金を借りることになった。板垣は当初渋るが、吉之助が土下座をし、家の内情を隠さず述べたため態度を軟化させる。ついには吉兵衛も土下座し、百両を都合してもらった。帰宅途中、ふくさに包まれた小判を覗く二人。吉兵衛は自分と吉之助の禄で返済すると言うが、維新後までこの借金は西郷家の重荷となる。

その時吉之助は、一人の子供が、芋泥棒だと他の百姓たちから追われているのを見た。しかしその少年は、芋も畑もおいのもんじゃと言う。子どもは国の宝だと止めに入る吉之助。半次郎と名乗るその少年は、刀代わりの棒のさばき方から侍の家柄と思われたが、父親が流罪となって困窮していた。

吉兵衛は早速この金で米を買い、信吾を医者に診せた。家族が久々の米の飯をおいしそうに食べる中、熊吉は、実家のおイシ婆にも米をあげたいと言う。実際西郷家は熊吉の実家から、米や芋を都合してもらったこともあった。車に米俵を2つ積み、吉之助と熊吉はおイシの家へ向かう。久々の対面を喜び、また米の詰まった俵に涙を流すおイシ。その夜はそこに泊まり、翌朝起き出した吉之助は、家族連れらしい数名を見かけた。その中にいる少年は、例の芋泥棒だった。吉之助は一行に声をかける。

彼らはもはやここにいられぬと言い、出て行くつもりだったが、侍は脱藩したら死罪で、しかもうまく行ってももう侍に戻れないと説得する。結局病気の娘を車に乗せ、一旦家に戻すことにした。しかしこれで吉之助は上役から呼び出され、夜逃げの手助けをしたと追及される。そんなことはないと吉之助。これも赤山が間に入ってくれて事なきを得たが、もとはといえば正助の早とちりだった。吉之助は半次郎の家の田畑を安堵してほしいと赤山に頼む。そんな吉之助や正助に赤山は、お前たちの思いは「あの方」に届いていると言う。

一方江戸ではその人物、斉彬の子供たちが次々と世を去っていた。これはお由羅の呪詛のせいだともいわれていた。そしてこの年、嘉永元(1848)年の12月、調所広郷は江戸へ呼び出される。斉彬が提出した告発書に記載されていた、斉興の密貿易の件を老中阿部正弘が問いただすものの、調所は自分の責任でやったと答える。しかしこれは斉興排除が目的だった。そこに斉彬が現れ、薩摩も日本国も前に進まなければならぬと言う。また久々に薩摩の様子を聞きたいからと、酒席に調所を誘う。しかし調所は遺書を残し、服毒自殺をする。死なせとうはなかったと斉彬。

この知らせを受けた斉興は怒り狂う。そしてお由羅は久光に、自分に呪詛の疑いがかかっている、あの者たちに斬られると嘆く。これにより、斉興による斉彬派の粛清が行われることになった。吉之助と郷中仲間も、うかつな口は利けんと談義し合う。そこへ吉兵衛が戻って来て水を飲み、気を落ち着けた後、家族と吉之助の仲間たちにおもむろに口を開く。赤山に切腹が申し付けられたのだった。

***********************

吉兵衛と吉之助が借金をしに行きますが、武士の威厳云々と言う吉兵衛に対し、吉之助は土間に降りて、平身低頭して金を貸してくれと頼みます。結局庄屋の板垣は、赤山の取りなしに加え、この姿勢を評価したようですが、しかしあの場合、無担保で100両借金できたのでしょうか。今の金額だと1000万から2000万くらいするのですが…。そして小判を噛んでみる辺り、まるで金メダルです。来年の大河の伏線のようでもあり。

熊吉が地味に目立つ回です。最初の猪狩りといい、おイシ婆さんの件といい。しかし西郷家は熊吉の家からも、米や芋を都合してもらっている辺り、どれだけ貧しいのだと思ってしまうのですが。恐らくこの場合、持ちつ持たれつで、今度は西郷家がお礼をする番ということなのでしょう。しかし随分羽振りがいいようですが、あの100両があっという間になくならないか気になります。信吾の薬代とささやかなぜいたく程度でよかったのでは。

そして半次郎。恐らく後年の人斬り半次郎こと中村半次郎(桐野利秋)と思われます。子供ながらかなり鋭い印象ではありますが、家族はかなり貧しい様子です。しかしここで逃げてしまうと、侍としての身分がもう保証されないことから、一家は一旦家へ戻ります。ところで昨年の大河にも登場した「逃散」ですが、これは百姓が逃げることを指していました。中村家は事実上百姓ながら、夜逃げは脱藩扱いとなるため、吉之助が諭したわけです。

さらにお由羅騒動の伏線が張られて行きます。この斉彬の子供たちが次々と死んで行くのは、『翔ぶが如く』でも描かれましたが、これを一番最初に知ったのは『南国太平記』でした。ただこれでは江戸屋敷ではなく、鶴丸城だった記憶があります。ともあれ調所が自殺したことで、斉興と斉彬の対立構図が今後さらにはっきりしてくることになり、期待できます。

このエピの時代設定は嘉永元年で、ペリーの来航までまだ5年あります。日本中が攘夷か開国かで大いに揺れるのはその後です。つまりこの時点では列強の脅威を感じつつも、まだ江戸時代的平和が保たれていた時代ではあります。今はそのせいもあって、まだこじんまりした描き方になっていますが、今後動乱の時代になって行くと、様変わりすることが予想されます。吉之助はどのように変わって行くのでしょうか。

スポンサーサイト



[ 2018/01/23 00:30 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

TopNTagCloud