fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  西郷どん >  西郷どん第1回「薩摩のやっせんぼ」 2

西郷どん第1回「薩摩のやっせんぼ」 2

では後半部分です。

*************************

西郷家は子だくさんで貧しかった。弟や妹たちのことを考えて、飯のおかわりをしない小吉の茶碗に、母は鰹節を削って入れてくれた。祖母は学問はほどほどにして、祖先の無敵斎同様に、相撲と剣術を頑張るように言い、母はどちらにも励むように言った。祖先の無敵斎は身長7尺もあろうかという大男で、剣の達人であり、天狗退治で有名であった。弟吉二郎が天狗退治であわや口を滑らそうとし、小吉は慌てて、天狗のように強くなりたい、自分より弱い者を守りたいと言い、また城に上がって、その禄で皆に米を食わせたいとも言った。夜、弟や妹が寝入った中、小吉は一人外であの「天狗」の思い出にふけった。

一方磯の御殿では、その「天狗」が藩主斉興に呼び出されていた。この時期江戸にいるはずの大名の世子が、何をしに来たのだと聞かれ、斉彬は江戸には影武者を置いて、アヘン戦争による西洋列強の侵略から、どうやって薩摩を守るかを工夫していると言う。斉興はまた西洋かぶれか、藩の金を無駄遣いするかと渋い顔をする。一方斉興の側室のお由羅は、自分の子である久光を、次の藩主にしようと目論んでいた。

その翌日は妙円寺詣りだった。これは、関ヶ原で的中突破を図った島津義弘の故事にちなむもので、甲冑を身に着けた男たちが、妙円寺へと駆け足でもう出るのである。少年たちも郷中単位で相争い、伊東と名乗って参加した糸は俊足を飛ばす。この時は、恩師の赤山靱負から勝利した組に餅が配られると聞き、小吉も気合を入れていた。4時間後、小吉はかなり疲労しており、しかも他の郷中の若者と小競り合いを繰り返しつつ先へ進んだ。

小吉はその時、糸が自分の前にいるのに気づいた、結局糸が逃げ切り、下加冶屋町の勝利となって、赤山から餅が渡された。しかし他の郷中の者から、あれは岩山の娘だといわれ、小吉は初めて糸が少女であるとわかる。下加治屋町は女子の力で勝った、女子は出て行けといわれるが、糸は自分も学問や剣術をしたいと言う。どう答えるべきかで迷う小吉に、女子でない者にはわからぬと言う糸。

その時甲冑姿の久光が騎馬で入って来て、下加治屋町が勝ったことを伝えられる。小吉は、その後ろの武者を見て驚いた。それはあの「天狗」だったのである。その武者、つまり斉彬は赤山から、お世継ぎ様じゃと紹介され、小吉に、子は国の宝だ、お前たちがいれば薩摩も安泰だと言葉をかける。その夜は西郷家では祝宴が開かれた。お世継ぎ様から直々に声を掛けられたということで、むしろ父吉兵衛の方が浮かれているようだった。しかし小吉は斉彬と糸の言葉が気になっていた。

小吉はこっそり女装して町に出た。町では大八車を引いていた乱暴な男から、おなごは道の端を歩けといわれた。また川で洗濯する女を見て、男女別々の桶に洗濯物を入れていることに気づいた。それを糸が再び目にする。しかしそこへ父吉兵衛が来て、おなごの格好をやめるよう叱った。その後小吉は、殿のお側に仕えたいと言うが、己の身分をわきまえろ、剣術よりもそろばんじゃと言われる。実際吉兵衛はそろばんの術で禄を得ていた。大それた口を利くなといわれた小吉は、望みが叶うまでは胸にしまっておくと答える。

小吉の剣術の腕はその後も上達した。しかしその後、妙円寺詣りの恨みということで、小吉は尾田栄作と名乗る若者から刀で切り付けられてしまう。その当時郷中での抜刀は禁じられていた。その父は栄作に切腹するように言う。吉兵衛が何とかしてその場を丸く収めるものの、栄作が見せた笑顔に小吉は怒りを覚える。しかし小吉の右腕はもとに戻らず、刀を振ることができなくなってしまった。母満佐はひそかに神に祈るが、小吉は何度やってみても、振るたびに右肩に激痛が走るようになった。

その頃斉彬は久光と狩りをしていた。斉彬は江戸に戻るのではなく、琉球、そして英国に攻められている清にも行きたいと言う。そこへ不意に現れた小吉に斉彬は驚く。涙を流しながら、もう剣が使えない、生きている価値がないという小吉を斉彬は一喝し、死んではならぬ、刀の時代は終わり、民の声を聞く者こそが強い侍になれると言う。またお会いしたいという小吉に、強い男になっていたらまた会おうと答えた斉彬だが、しかしこの時、斉彬が薩摩にいたという記録はない。

そして小吉と他の子どもたちは、赤山邸で世界地図を見せられ、日本の大きさ、そしてcagonxinaが何であるのかを知る、城山へ上り、誰が真っ先にお城に上がるか競争じゃと言う。小吉はそこの石にcangoxinaと書き、一同去って行った。この当時、腹を空かせてばかりいたこの少年たちが、やがて明治政府を創ることになる。

***********************

すっかり「天狗」の「弱い者の身になれ」に取りつかれてしまった小吉ですが、今度はまた違った体験をします。妙円寺詣りで、糸が女の子であることを知るのですが、この時他の少年のように、女は出て行けとも言わないし、かといって糸を庇うということもしないわけです。この糸の言葉に戸惑うけれど、即座に同意しないというのはなかなかリアルで、ありがちな展開でない印象を受けます。逆に糸の方が、学問も剣術もしたいと、言いたいことを言って去って行きます。しかし平之郷中の若者が何と言おうと、彼らが糸に負けたのだけは事実なのですが。

無論糸自身、ちょっと変わった女の子ではあり、その点で『八重の桜』の、子供の頃の八重がだぶります。ゆえに彼女の一言だけで、女の子の気持ちを把握することはできないのですが、ものはためしと小吉は女装し、町中を歩いていてどやされ、しかも洗濯物が男女別であることに驚きます。無論この部分は創作でしょうし、その当時の西郷がここまで男女の差を理解していたかどうかも謎です。

またこの女装、小吉の中に芽生えた問題意識を可視化する意味では面白いのですが、この変装の部分から一転して、小吉と父吉兵衛の、大志を抱くべきか堅実であるかの議論に変わって行くことで、やや弱かった印象もあります。いずれにしてもまだ前近代の薩摩で、創作とはいえ弱い者、女への共感を持つということの難しさ、あるいは動揺を描いたということなのでしょう。ただ母や祖母との会話の中で、それとなく探り出すという方法もあったかなとは思います。

その後小吉は、平之郷中の尾田栄作に斬りつけられ、右肩を負傷します。無論郷中での抜刀は禁じられていたので、どう見ても尾田の方に非があるわけですが、父吉兵衛はその部分を円満解決しようとします。しかも栄作はひそかに笑みを浮かべており、怒りの持って行き場を失った小吉は、あの斉彬と久光が狩りをしている場に出会い、斉彬の前に飛び出します。この時の斉彬の「あぶねえじゃねえか」が、如何にも江戸育ちです。

斉彬の言葉は小吉の、傷を負った心の琴線に響くものがありました。この殿に仕えるしかない、恐らくはそう思ったことでしょう。しかもその後赤山邸で、世界地図を見せられたことで、その思いはゆるぎないものとなって行くわけです。

しかしこの、小吉を演じた子役の渡邊蒼君、なかなかいいです。他の子たちも含めて、近年の大河の中でもうまいと思います。薩摩弁をちゃんとマスターしている点、妙円寺詣りのロケに耐えた点なども評価したいです。ところで、この当時薩摩に斉彬がいなかったというナレ、このネタバレ的な部分だけ、有働由美子さんでやってほしかったように思います。

無論西田さんのナレもいいです。最後の部分、あれは『武田信玄』の、若尾文子さん演じる大井夫人のナレに通じるものがありますね。ちなみに西田さんはあの大河では「両目が揃って妻子がいる山本勘助」でした。

(2018年1月14日一部修正)

スポンサーサイト



[ 2018/01/10 23:45 ] 大河ドラマ 西郷どん | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud