fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  風林火山 >  風林火山第39回「川中島!龍虎激突」

風林火山第39回「川中島!龍虎激突」

2017年の大河は終わりましたが、私にとって今年の大河はこの『風林火山』であり、正確には「2017年度」の大河なのでまだまだ続きます。村上義清が越後に逃げ込んだのをきっかけに、武田と長尾の戦いの火蓋が切って落とされます。

*************************

景虎は家臣たちに檄を飛ばし、信濃に攻め入る。天文22(1553)年8月のことであった。一方晴信は、かつての村上の城である塩田城を本拠地としていた。駒井政武の越後動くの知らせに、勘助は牧城へ援軍を送ることにする。景虎の軍勢は八千であった。牧城は香坂筑前守の城であり、春日虎綱が入っていた。越後勢はここを攻めず、犀川に向かうだろうと言う春日に香坂は驚く。その香坂に春日は、これは孫子の教えであると言った。

その頃リツは、勘助の屋敷を訪ねていた。そこではおくまが昼寝をしていた。息子も従軍しているため、心配で夜も眠れないと言うおくまに、だから昼寝をしていたのかとうなずくリツ。そして諏訪では、由布姫がトンボが舞っているのに気づく。その時志摩が、越後が信濃に入ったことを知らせに来る。由布姫は、自分は先ほど勝ち虫を見たと言い、お屋形様は勝つであろうということを志摩に伝える。

北信濃を攻め、高梨の旧領を取り戻して勢いに乗る長尾軍に備え、勘助は室賀城の守りを固めることにした。しかし本陣は塩田城のままだった。越後の狙いは晴信の首であり、そのためには相手を引き付けて戦うべきと勘助は読んでいた。8月晦日には布施で両軍が激突し、さらに9月に入って荒砥城が落ちる。信繁も諸角も苛立つが、勘助は長尾は坂木へ行くと考えており、真田や相木に背後から突かせる予定でいた。しかし宇佐美定満は、坂木へ向かうのは危険だと言う。

直江実綱は信濃を切り取ってはと示唆する。しかし景虎に取って、それは盗人の戦だった。そして麻績から青柳を通り、敢えて守りの堅い所を攻めて、深志城に接近する勢いを見せた。そして晴信は、長尾軍の目と鼻の先にある刈谷原城に派遣する。9月3日には虚空蔵山城に長尾軍が入った。宇佐美と勘助、それぞれの軍師の知恵が試されようとしていた。そして諸角は、馬場信春が兵の士気を云々し、自分を揶揄したのを思い出していた。

戦況が気になる晴信は、深志城へ移ることを考えていたが、勘助は動いてはならないと言う。ついに刈谷原は捨て、諸角以下の兵は深志城へ移すことになった。越後との戦は長引きそうだと言う勘助に、そちには長生きしてほしいと晴信。その同じ塩田城では伝兵衛は、太吉の息子茂吉から、長尾景虎はどんな顔なのかと尋ねられる。自分にそっくりじゃと答える伝兵衛に、だから女子が寄り付かないのかと茂吉は納得する。

そこへ諸角軍が刈谷原城に引き返したという知らせが届く。諸角は城へ来るであろう越後軍の、景虎の首を取るように配下の者に命じる。深志城の馬場信春は、あの言葉を間に受けたのかと驚き、勘助は越後勢に夜討ちを掛けることにした。このため景虎軍は闇の中に消え、諸角は下知に従わなかった責任を取らされることになる。諸角は、自分は命を惜しむ様になり、また息子2人を戦で失って、隠居もままならず、今まで生き恥を晒して参ったと申し開きをする。

晴信は、今までの武功が生き恥を晒すというのなら、今後も生き恥を去らし続けろと言い、また信繁も馬場も、勘助も心配していたことを伝える。その言葉に涙する諸角。しかし今度は、退却したはずの景虎の軍が引き返して来た。晴信は表に出ざるを得なくなり、両者は千曲川を挟んでにらみ合う。景虎は一人「挨拶」の趣き、そのまま馬を返して去って行った。結局勝負がつかないまま、第一次川中島の戦いは幕を閉じた。

***************************

前回の馬場信春の言葉が伏線になっています。馬場としては軽い気持ちで言ったわけですが、諸角にはその言葉が堪えたようで、無謀ともいえる籠城までやらかしますが、予想外の展開に勘助は、夜討ちの策を用いることになります。ちょうどこれは、虚空蔵山城の長尾軍を挟み撃ちにする形となり、宇佐美の提言でひとまずは引き上げることになります。

景虎が信濃を引き上げるその一方で、晴信は自分の命に背いた諸角を許します。この時の雰囲気がなかなかよろしい。しかし由布姫の見たトンボ=勝ち虫とは、板垣信方のメタファーなのでしょうか。しかしリツとおくまの会話といい、塩田城での伝兵衛の茂吉への言葉といい、所々で入る寸劇的なセリフが、戦場面の緊迫感を引き立てています。

スポンサーサイト



[ 2017/12/24 23:00 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud