fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビー代表と平尾氏番外-1999ワールドカップとメディア その1

ラグビー代表と平尾氏番外-1999ワールドカップとメディア その1

今回はこの1999年のワールドカップに於ける、メディアのあり方に関してです。まず大会前、ラグビーメディアはこぞって平尾ジャパンを讃えました。いささか持ち上げ過ぎではないかとさえ思っていました。やはり1995年大会で、事前にやけに期待を煽るような報道があり、1勝もできずリーグ戦敗退、さらにニュージーランド戦の145失点があってからは、ラグビー関連メディアは、手のひらを返したようにあれこれ批判しまくりとなりました。

今回もそうなるかもしれないという不安はありました。しかし1995年大会とは違い、サモアあるいはアルゼンチンには勝てるかもしれないと、まだ一縷の望みをつないではいました。しかし既に述べましたように、日本は1勝もできませんでした。ここに来て、またメディアは態度を一変させることになります。専門誌はその後、平尾ジャパンの検証記事を連載しましたが、「期待が大きかった分、失望もまた大きかった」と、当該記事の冒頭に記していました。

しかし期待を煽ったその一因は、当然メディアにもありました。1995年大会時と変わらなかったのは
大会前の行け行けどんどん
敗退後の手のひら返し
この2点です。強化体制や対戦国が違った分、全く同じとは言えなかったものの、大会後の強化陣に対する姿勢には、何らかの既視感を覚えずにはいられませんでした。

本来大会前にも欠点があればそれを指摘し、敗退後にも称賛するべき点があれば、それについて言及するのがメディアの仕事であり、それでもなお代表を応援するファンがつくというのが、本来のあり方でしょう。事前に煽るのは、大会に関心を向けさせるでもあるのでしょうが、そうまでしないと関心が向かないというのも、また妙なものです。95年、99年と続いたこのメディアの姿勢は、ラグビーメディアのみならず、日本ラグビーフットボール協会の姿勢にも疑問を抱かせました。

ならば、協会の姿勢をも含めた代表強化の在り方をも含めて、きちんと議論するのであればまだわかるのですが、実際はそうではありませんでした。この代表批判の多くは、平尾氏をはじめとする強化陣に向けられていました。無論強化の責任者であること、しかも大会中に曖昧なコメントに終始していたことから、勢い矢面に立たざるを得なかった部分はあります。しかしそれが昂じて、安易な強化陣叩きに変わっていった部分もあります。

要はワールドカップの代表チームの敗退、勝利させられなかった原因を客観的に探るべきだったのが、いつの間にか
「他国のプレイを引き合いに出した監督批判」
これにすり替わっていった感もあります。実際この時の「他国を見習え」の表現もちょっとどうかと思いました。これに関しては次に書きたいと思います。

無論すべての記者がそうだったわけではありません。JSPORTSの解説も務めていて、このブログでも時々紹介している村上晃一氏、あるいは小林深緑郎氏などは違っていましたし、また代表強化陣批判をしていた記者の中にも、温度差があったのも事実です。また専門誌と『ナンバー』のような専門誌、あるいは記者個人の著書などでは、同じ事柄を取り上げていても、当然というか、表現方法にいくらかの違いが見られました。

この平尾ジャパンは、1995年の大会後、短期スパンで監督が交代し、そのため強化がまだ安定していないこともありました。一方で選手はかなりモチベーションが高く、それなりの技を持った選手もいました。また前年のアルゼンチン戦、そしてワールドカップ直前のパシフィックリムなどで、前出のように1勝はできるかもしれないとは思っていましたが、いつの間にかメディアの中で、予想が勝手に盛り上がって行ったふしもあります。

飲み物-パブのビール3
スポンサーサイト



[ 2017/12/22 23:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud