fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビー代表と平尾氏 16

ラグビー代表と平尾氏 16

久々の投稿になります。満を持して臨んだ1999年ワールドカップでしたが、日本はサモアとウェールズに大敗し、後はアルゼンチン戦を残すのみとなりました。当然ファンは、このアルゼンチン戦勝利を期待するようになります。しかしそのアルゼンチン(ロス・プマス)も、サモアに勝ってかなり気合が入っていました。そしてリーグ戦最後の試合となったこの対決は、ミレニアムスタジアムで日没後に開幕しました。国歌吹奏は、軍楽隊ではなく一般のブラスバンドによって行われました。

実はこの大会は、それまでとは違った方式で行われていました。この大会から、従来の16チームに4チームをプラスした、計20チームでリーグ戦が行われることになったものの、4チーム×5の変則的な編成であったため、プレーオフが設けられることになりました。このプレーオフは、プールBの2位(イングランド)とプールCの2位(フィジー)、プールAの2位(スコットランド)とプールDの2位(サモア)、そしてプールEの2位(アイルランド)とベスト3位が戦うことになっていました。

アルゼンチンはベスト3位入りを目論んでいました。しかし得失点差の関係により、あまり多く得点すると2位になってしまって、スコットランドと当たることになるので、それよりも与しやすいアイルランドにという意図だったようです。そのためアルゼンチンは、できるだけ少ない点数で日本を破ろうとしていました。ならば日本も、総動員でアルゼンチン戦に臨むべきでした。また試合前の時点では、プールCのカナダもベスト3位の候補に上がっていました。

しかし顔ぶれはそれまでの2試合とそう変わらず、しかもこの大会での起用が期待された岩渕健輔選手(後にケンブリッジブルー)は、この試合のメンバーにさえ入っていませんでした。また日本もミスが多く、思い切った攻めができませんでした。タックルこそ捨て身ではありましたが、結局相手の思惑通りに試合は運び、結局日本は3戦全敗となりました。アルゼンチンがベスト3位を狙うのをあるいは知りつつ、手を打たなかったがゆえの敗北ともいえるでしょう。

この試合後平尾監督は、世界とはまだ差があるとコメントしました。しかし選んだ選手たちは皆、その年のパシフィックリムではいいプレーを見せていたはずです。無論パシフィックリムとワールドカップでは違いますが、全く違うというわけでもありません。このコメントに少なからずがっかりしましたし、また同じことを考えた人も結構いたようです。がむしゃらに勝利を狙うような気構えが、今一つ感じられない、そういう意味で何か後味の悪い大会でした。

ところでこの試合、リーグ戦最終戦ということで、サモアの選手もスタンドに姿を見せていました。そのサモアはウェールズを破った相手ですから、ウェールズの観客はブーイングをし、片やサモアの選手は、会場のスクリーンに顔が映し出されるや、大げさな顔芸でそれに応えるという、如何にもラグビー的な風景が楽しめました。もちろんアルゼンチンと日本のファンも詰め掛けており、プールDの国々が、さながら一同に介したような雰囲気でした。

飲み物-パブのビール1
スポンサーサイト



[ 2017/12/16 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud