fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主 直虎-49 本能寺が変あらすじ&あれこれ

おんな城主 直虎-49 本能寺が変あらすじ&あれこれ

あと1回で終わりですが、最終回前とはとても思えず、およそ緊迫感が感じられないエピソードでした。しかも堺での龍雲丸の要請といい、伊賀越えといい、なんでまたこういうシーンが許可されたのか信じられません。

***********************

織田信長が家康の暗殺計画を企てていると考えた明智光秀は、謀反の計画を起こし、万千代はその才に、家康を無事に逃がしてくれとおとわに頼む。家康一行は安土城での接待後、京の本能寺で茶のもてなしを受けることになっていた。おとわは中野直之や奥山六左衛門と堺へ向かう。堺で出迎えた中村屋与太夫は、ポルトガル語で挨拶する。また龍雲丸は、ポルトガル語の塾を開き、通詞として生計を立てていた。しかし船を仕立てるにもどこかの港に立ち寄ることになり、ついに南蛮船を仕立てることになり、おとわに遊女として南蛮人の接待をさせ、吹き矢でその男を眠らせてしまう。

家康たちが安土に逗留中、中国攻めをしていた羽柴秀吉から援軍要請が来て、饗応役の光秀に出陣命令が下る。しかし光秀が出陣することになれば、計画が頓挫することになる。しかも光秀の経路がつかめず、松下常慶に探ってもらっていると万千代はおとわたちに伝える。その光秀は愛宕神社に参詣し、くじを引くも凶が出て、三本目に大吉が出た。しかも家康には、翌日京へ来るようにとの通達が来る。家康は、やはりただの招待であろうと京へ行くことを決心するが、おとわは何とかして止めようと、そこにいた瀬戸方久に金をせびり、龍雲丸たちを旅人に仕立てる。

旅人に扮した彼らは家康一行に会い、京で戦であると口々に言う。しかし同道していた穴山信君は、最初から知っていたが如き言動に不審を抱く。そこで仇討ちという口実を作り、手勢わずかでできぬため、今ここで腹を切ると言う家康。ならば一度三河に戻ってからとの勧めで、茶屋四郎次郎の道案内で、家康はとあるあばら家に匿われる。そこには万福と本多正信の姿があった。穴山信君はその後先に立ち、途中で一揆に遭遇して落命する。その後家康は三河に帰り、当主を失った穴山家を助けるという名目で兵を出さなかった。あとは、光秀の子自然の問題が残された。

***********************

今回の疑問点です。

  • 前回に続き、謀反の計画をあちこちに話して広めまくるおとわ
  • ポルトガル語の塾というのは何なのでしょうか、そこまで語学の需要があったのでしょうか
  • この時既に50近くのおとわを、恰好が珍しいからということで遊女に仕立て、南蛮船調達のためにポルトガル人を取り込む龍雲丸
  • しかも家康を逃がそうとして、おとわが瀬戸方久から無理やり金を奪い取る
  • 万千代が何もかも知っていて、おとわに伝えまくるのもおかしい
  • 大河史上最もチープな伊賀越え、しかも明智軍から追われていないとはいえ、逃げ方が悠長すぎ
  • 家康が急に心変わりしたのがなぜかがきちんと描かれない
  • なぜか本能寺の変そのものが少しも描かれない

おとわがここに来て江、美和と変わらなくなっています。いつの間にか目的地に現れて、歴史を作った女という設定になっている。しかも例によって、また尼のコスプレ。さらにそれでポルトガル人を取り込もうとか、龍雲丸も大抵ですね。そしてまた戦無き世に云々、生憎戦はまだ続くのですが…。しかも家康を動かしてやるぞなどと考える辺り、前回も書きましたが、まだ「戦は嫌じゃ」が可愛く見えるレベル。一体全体、制作陣は何を考えているのでしょうか。「大河」を作ろうとしていないのは事実かもしれません。

しかも伊賀越えの最中で、仇が討てないから腹を切るなどと言い出す家康。苦し紛れの言い訳であることが丸わかり、だから穴山信君を後でノブが(恐らく)始末したのでしょう。とはいえ、本来の伊賀越えであれば、逃げ切れないからここで自害するという発想になるのであって、追手もいないのにあそこで腹を切るのは、普通の武将ならまず考えないでしょうね。無理やり絡めた結果、どうにもちぐはぐな感じになっています。しかも服部半蔵はいないし、なぜか鍋に雑炊、茶碗と箸が出て来ますが、あれも事前に揃えてあったのでしょうか。

ところで肝心の本能寺の変はどうなったのでしょう。一応サブタイが「本能寺が変」なのに、本能寺のシーンが、茶器の検分しかないとはこれ如何に。これでは「本能寺が変」なのではなく、「伊賀越えが変」です。しかし今回も看板倒れでした。

ところで明智光秀がおみくじを引いたのは、他の作品でも言及されています。ただし領国丹波の召し上げに関しては、想像の域を出ないようです。そもそも光秀がなぜ本能寺の変に至ったか、それには家臣や使用人たちの粛清もあるといわれていますが、その辺りが描かれていない、つまり、それに至るまでの説明がなされていないわけです。そのため家康が危ない、ひいては家康絡みという説を取ったのでしょうが、どうも説得力に欠けます。信長に取って、この時期家康を成敗しても何の得にもならないはずですが。それと秀吉の援軍要請は事実ですが、敢えて援軍を乞うことで、無用な警戒心を与えないようにしたためと考えられています。

それと戦国大河にありがちなパターンとして、後の方になってやたら外国人とか宣教師を出して来ますね。『天地人』などでもそうでしたが、小道具的に入れている風で、必然性に乏しい印象があります。

スポンサーサイト



[ 2017/12/11 23:45 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud