fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  『炎立つ』についてのあれこれ 3

『炎立つ』についてのあれこれ 3

『炎立つ』について3度目です。第三部に入ると藤原秀衡の時代となり、所謂源平物と同時代になります。そして鞍馬山を抜け出した遮那王、後の義経が奥州を訪れます。この大河では奥州藤原氏がメインであり、秀衡と共に泰衡も主人公であるため、義経の描かれ方がいくらか軽めになっています。たとえば『義経』などの描写では、義経が凛としていて、藤原泰衡が小物に描かれていますが、それの逆と考えるといいでしょう。

秀衡は「御館」(みたち)と呼ばれています。「お館様」あるいは「お屋形様」と同義と考えていいかと思います。元々これは国司を呼ぶ時に使われる言葉で、時代が下るにつれ、国司に取って代わった守護大名の呼称となります。この秀衡は義経に理解を示し、頼朝との関係悪化から逃れて来た際にも匿いますが、秀衡の死、泰衡の家督相続と共に関係が悪化して行きます。頼朝から圧力をかけられ続けた泰衡は、この大河ではそのことで、ひどく悩む設定になっています。

しかしこの第三部、やはり原作をベースにしていないため、第一部、第二部に比べるとやや迫力に欠けます。原作の遅れにより、オリジナルにせざるをえなかったというのがその理由のようです。また、元々秀衡役だった北大路欣也さんが降板し、代役として渡瀬恒彦さんが秀衡を演じています。なおガイドブックには、北大路さんが秀衡役として紹介されています。原作がほぼ同時出版というのは、リスクがやはり大きいようです。

ところでこの第三部で、毬杖(ぎっちょう)が登場します。名前の通り、毬と杖を使って行う、フィールドホッケーのような遊びです。

炎立つ毬杖1
(『炎立つ』DVDシリーズより)

こういうのが登場するのは、その時代らしさがしのばれ、なかなかいいなと思います。またこの大河は、えさし藤原の郷で多く撮影を行っているため、当然ながらロケが多く、スタジオでの屋外を想定した撮影の狭苦しい印象がありません。それぞれの季節の雰囲気、たとえば紅葉なども自然ですし、秋から冬のシーンで吐く息が白いのもリアリティがあります。本当は大河はもっとロケをやるべきなのでしょう。

ところで義経を演じている野村宏伸さんですが、『独眼竜政宗』で、政宗の子秀宗を演じています。やはり『炎立つ』の安倍貞任役の村田雄浩さんも、政宗で茂庭綱元を演じていますし、頼朝役の長塚京三さん、そして清原真衡役の萩原流行さんと、政宗出演者で炎立つ出演者は結構います。藤原経清と、藤原泰衡の二役を演じた渡辺謙さんはいわずもがなです。同じ東北つながりということもあるのでしょうか。

ちなみに『義経』を先日久々に観ました。OPテーマが『葵 徳川三代』と似ているなと思っていたら、同じ岩代太郎さんの作曲でした。あと義経の家来の一人が、昨年の伊達政宗役の長谷川朝晴さん、金売り吉次が市川左團次さんですね。どうもこの方は、『風林火山』の関東管領、上杉憲政の印象が強いです。次の『風林火山』では、憲政が上野を脱出して越後へと逃げますが、その子竜若丸は悲運に見舞われます。

飲み物-エールビール
スポンサーサイト



[ 2017/12/09 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud