fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマ雑考-23 大河の好き嫌い

大河ドラマ雑考-23 大河の好き嫌い

まず正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命篇~』で、片岡愛之助さん演じる前野良沢が、縦笛(一節切-ひとよぎり、尺八の一種)を奏でるシーンが登場するそうです。

『風雲児たち』撮影は快調!200年以上も前の一節切(ひとよぎり)に命が吹き込まれました。
(NHK ONLINE)

1時間半の正月時代劇とはいえ、結構こだわりを見せるドラマです。今後シリーズ化の予定もあるのかもしれません。

本題ですが、今回は独り言のようなものです。大河好きと言っても好みは様々です。既に50作以上が制作・放送され、しかもその多くがDVDやCS、オンデマンドで観られるわけですから、時代によって、出演者によって、あるいは作家や脚本家によってその人の好みが大体決まります。無論今まで観たことのない作品に魅了されたり、好きな作品を何度もリピート視聴して、一層その虜になることもあります。十人十色と言うか、ある人が関心を示さない大河であっても、別の人には、たとえば青春時代の思い出であったりもするわけです。

ところで『平清盛』をDVDで観返していて、結構楽しめるということを先週書いています。マニアックな描かれ方で賛否両論あり、しかも「否」の方が多かったとは思いますが、それはちょっとどうかなとも思います。無論清盛も評価できない点もありますし、また一部女性大河のように、期待外れだったと思われる作品でも、評価できる点はあります。大河のように1年がかりのシリーズは、全面否定、あるいは全面肯定したいという大河は、ほぼないと言っても過言ではありません。

また『平清盛』が好きで、『軍師官兵衛』が好きでないというコメも見たことがあります。しかし私は官兵衛、かなり好きです。制作サイドの方で、清盛で冒険しすぎたから、官兵衛はオーソドックス路線にしようということだったのかもしれません。正直、もう少し脚本をひねってもいいのではとも思いましたが、九州平定のシーンなどは、それまで大河にあまり登場しなかっただけに、新鮮味がありました。

あと『真田丸』はいいけど『直虎』は嫌い、両方とも好き、両方とも嫌いなどというコメントも目にしたことがあります。個人的に『真田丸』は、『官兵衛』が直球勝負的なところがあるのに比べ、三谷さんらしい変化球ドラマでしたし、昌幸の登場シーンは楽しめました。ただ、大坂の陣関連エピが今一つでした。『真田丸』『直虎』では、同じ国衆が主人公ではありますが、かなり環境も描かれ方も違うので、私の場合、両方とも好き、あるいは嫌いとはちょっとなりにくいです。

どの大河がどうというのは、2010年以後正統派の大河が少なくなったことと、ネットの普及に伴う一種の自己主張と取れます。そんな中で『八重の桜』は、評判は悪くないようです。主人公不在と言われつつ、群像劇風にしたのが功を奏したのでしょう。一方で私の場合、『直虎』が『江』、『花燃ゆ』の再評価の切っ掛けともなっています。『花燃ゆ』を、こういう形で再評価するとは、思ってもいなかったのですが…。ただもう試行錯誤や変化球も限度がありますので、そろそろ正統派大河を打ち出してほしいものです。2020年はどうなるのでしょうか。

飲み物-バーのラテフロート
スポンサーサイト



[ 2017/11/29 00:45 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud