fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主 直虎-47 決戦は高天神あらすじ&あれこれ

おんな城主 直虎-47 決戦は高天神あらすじ&あれこれ

相変わらず歴史が描かれない大河ですね。家康が家臣の前で妻子を殺したことを反省し、そして高天神城攻めが始まるのですが、その裏方の様子に、長々と時間を割いています。案の定武田氏滅亡までの時間が極端に短い、これはないでしょう。

***********************

石川数正は自刃しようとするが、本田忠勝が止める。家康は家臣の前で、瀬名と信康を死なせたことを反省し、力を貸してくれと頼む。また万千代は榊原康政に、腹を割って話すように勧めたのはそなたかと訊かれ、先代に倣ったと答える。そして徳川に織田の援軍も加わり、高天神城攻めを本格化させるが、信長は降伏はさせるなと伝えていた。高天神城は兵糧攻めのため、周囲の砦用に材木が必要であり、奥山六左衛門と中野直之が一役買うことになる。二人は横須賀城で、軍議に加わる万千代を見て嬉しそうだった。

一方おとわは、戦のない世を作れないかと考えていた。天下布武を目指す信長に、今の時点では誰も逆らえなかったが、毛利とつながりのある安国寺恵瓊は、信長が高転びすることを示唆していた。そして六左衛門と直之は、高瀬と同じ方言を使う者を間者とみなし、本陣へ連行する。そして万千代は、高天神城の水切りに成功して二万石の加増となった。万千代は井伊谷の安堵を最早望んではおらず。また六左衛門と直之を家来にしようとしていた。そんな折高天神城から、降伏の矢文が来たことを常慶が伝えに来るが、最終的には武力を使うことになる。

敵を味方にする家康の策を知ったおとわは、政次を忍びつつ竜宮小僧の井戸に行き、直之がいるのを見つける。直之は自分は井伊谷の番人になる、殿が女子であったこと、その井伊谷が潰れ、ならば自分が万人になると決めていた。しかしおとわの、戦をせぬという戦が自分の弔い合戦であるという言葉にうなずく。そして武田勝頼は追い詰められ、天目山の戦いで自決する、その首は晒し首にされ、織田方の武将たちによって、かつての武田領が支配されることになる。そして駿河を統治することになった家康は、三つの盃に酒を満たし、妻子を弔った。

***********************

今回の疑問点です。

  • 例によっておとわの「戦無き世」、この時代にありえない話です。これについては次の投稿で詳しく
  • 高瀬と同じ方言即ち武田領、すなわち間者。単純すぎ
  • おとわがまた尼姿で、父兄参観よろしく横須賀城に来るのが不自然
  • 家康の「降伏を促す」「敵を味方に」は、戦国時代の包囲戦であれば珍しくない話なのに、それに反応してみせる万千代は今まで何を学んでいたのか
  • 直之のセリフが、何かこれまでの辻褄を合わせたような長口上なのがおかしい
  • 天目山の戦いまでの展開が端折りすぎ
  • しかも勝頼が洞窟のような所にいるが、どう見ても、関ヶ原敗走後に身を潜めていた石田三成に見える
  • ご丁寧に晒し首、本当に生首の好きな大河ですね

あと3回ですが、段々録画視聴も苦痛になって来ました。あらすじがもう少し簡単になるかもしれませんので、その点ご了承ください。以前から朝ドラ的という表現を使っていますが、これ朝ドラにしたら、すべての場面がそれなりに決まりそうです。しかし大河として観ると実に緩い。あと上杉祥三さん、『風林火山』の「おのれおのれ」の高遠さんが、織田方の水野忠重役で登場していましたが、明智光秀役の光石研さんといい、『風林火山』出演者が、ちょい役、あるいは数回登場といった感じで出ていますね。(橋本じゅんさんを除く)

ところで『風林火山』関連でもう一つ、この高天神城攻めが志賀城攻めと重なって見えます。要は家康が降伏させ、使者を立てて開城をと主張するのに対し、信長は武力を使えと言う。志賀城は、勘助が降伏を望むのに、晴信は総力攻めじゃと言い、美瑠姫が小山田信有に助けられることになります。そういえば勘助の内野聖陽さんは、『真田丸』の家康ですが、あの時の家康は高遠にまで攻め込んで来てもいました。今回『風林火山』で、高遠頼継を演じた上杉さんを出したのは、『真田丸』の高遠での家康とも関連付けているのでしょうか。

それと『風林火山』第35回の紀行で、久能山東照宮が紹介されていました。この紀行の最後の部分に、家康が駿河を取るといったナレがありましたが、だから今回は高天神城で、駿河を取る設定なのかなともついつい思ってしまいます。時代背景もあるにせよ、やけにだぶる気がするので。

それにしても南渓の天下布武発言、もう少しでどうのこうのと、何やらこの時点で、その後の世界を知っているが如き物言いです。和尚はタイムスリップして来た人物なのでしょうか。

スポンサーサイト



[ 2017/11/27 23:45 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud