fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主 直虎-44 井伊谷のばらあらすじ&あれこれ

おんな城主 直虎-44 井伊谷のばらあらすじ&あれこれ

今回も万千代と万福が中心の展開ですが、正直いっておとわのパート、ここまで要らないだろうと思います。しかも万千代と万福の方も、何やら下世話なネタが中心になっています。

*************************

万千代と万福は田中城攻めに参加するが、小姓の身分では武功も挙げられず、信康を通して、戻ったら元服をしたいと家康に頼む。その後万千代は家康の寝所の番をしていて、怪しげな人物を見つけるが見失う。翌日万千代はある策を講じる。家康が戻っても万千代は目を覚まさず、家臣の近藤武助が薬湯を作るが、跳ね起きた万千代に毒見をしろといわれ、武助は戸惑う。薬棚の扉の結び目が違うことから、武助は武田の間者と見抜いた万千代は、揉み合ううちに左肩を負傷した。そして万千代は武田の間者を討ち取ったとして、一万石を与えられることになった。しかし寝所での功ということで、あらぬ噂をする者もいた。

井伊谷では、出家したなつが、万福からの手紙を持って龍潭寺を訪れていた。一方母の祐椿尼は心臓を病んでいた。幼き頃より心配をかけ、孫を抱かせることもなくと自らを責めるおとわに、南渓は方便であろうと口を挟む。孝行をと思うおとわは、母の病のことは知らぬふりで、時々皆に会いに来てくれるように頼み、寺に茨を植える。しのが寺を訪ね、万千代の一万石の話をするが、おとわはそのことを知らされておらず驚く。そして自らの死期を悟った祐椿尼は、最後にもう一人だけ会いたい人物がいるといい、万千代宛ての文を書いていた。そしておとわは近藤康用の許を訪ね、一万石のことを話すが、近藤もその件は初耳だった。

その時万千代と万福が戻ってきており、結局おとわと万千代は井戸の側で、二人だけで会話をする。おとわは、井伊を取り戻したと言う万千代に、ここは近藤殿と私でどうにかする、さようなことは下らぬと言う。万千代は、その下らぬことすらできなかったのは誰だ、ただできぬことから逃げただけだと言い返すが、おとわは家督は譲らぬと意地を張る。その後戻って来たおとわと昔話をした祐椿尼は、多くの人に文を残して世を去り、万千代は元服前ながら家臣として加えられることになるが、ここでも妙な噂をする者がいた。万千代はこのおかげだと、片肌を脱ぎ傷を見せる。一方で信康と瀬名には、暗い影がさしかかろうとしていた。

*************************

万千代の戦場での手柄
祐椿尼の死
万千代対おとわのバトル
今回も大まかにいえばこの3つがテーマで、しかもたかだか30分程度で終わってしまう内容ではないかと思われます。相変わらず、戦国を意識した描写がなく、徳川家の人々に何か精彩が乏しいように思われます。特に家康と忠勝といえば、個人的にこのお二人のイメージが強いせいかもしれません。(『真田丸』DVDシリーズより)

真田丸家康と忠勝

では今回の疑問に思える点です。

  • 薬棚の結び目云々、妙に細部にこだわっていてトリックが幼稚。しかも当の間者が、その時必ずしも薬湯を作るとは限らないわけですが。あと左肩の傷も、要はあの『遠山の金さん』ポーズをやらせたかったからに見えますし、その辺が受け狙い臭い。
  • 受け狙いといえば、一々薬の名を出したり、茨の名前を出したり。最初の頃はそれも面白かったのですが、ことあるごとにこういうのを出して来て興ざめです。
  • 直虎の「寝耳に水」、これは、あまりよくないことが出来したという意味が大きいと思えます。「寝耳に水の果報」という言葉もありますが、「思いがけないこと」くらいでよかったのでは。
  • 寝所だの槍だの、今まで観た大河でもやけに思わせぶりな表現が多い大河です。
  • 井戸の側での直虎の「非戦論」、あれもどうにかならないかと思います。「戦はいやじゃ」と何ら変わりません。しかしああいう養母に育てられた万千代が、なぜあそこまで、当時の武士としてはまともな知識を身につけたか、それも不思議。ノブにでも習ったのでしょうか。
  • それと祐椿尼と直虎の会話が長すぎ。朝ドラ的展開。また茨はサブタイに合わせるためでしょうが、何か付け足し感がありますし、祐椿尼の文のシーンもしかり。ああいうのこそナレですませられるのでは。しかし桶狭間後といい、お手紙おばさん的な印象になってしまいましたね。
  • それから前から不思議でしたが、龍潭寺の関係者が全然老けたように見えないのはなぜでしょう。不老不死の修行でもやっているのでしょうか(苦笑)。

それと以前、同じ日の『風林火山』に対抗させていないか、そう思われる描写について書いたことがあります。無論、細かい描写でそれぞれが似て来る場合はありますが、今回、おとわが母に心配ばかりかけたと心情を吐露するのと、『風林火山』で、ヒサが父十吾郎の墓前で、父上に何もできなかったと涙を流すシーンと、何となくだぶるものがあります。

『風林火山』といえば、戦はいやじゃ的文句を並べるおとわには、このやり取りを進呈したいと思います。

宇佐美定満「一国を滅ぼしてまで、何のために戦うのか」
山本勘助「生きるためじゃ、我が思う人のためじゃ!」

この大河、こういう格好いいセリフがないのですね。しかしおとわは実戦は無理でも、「生きるため」「思う人のため」に、地道に努力することをしたのでしょうか…。

なんだかんだでこの大河もあと6エピになりました。

スポンサーサイト



[ 2017/11/07 00:45 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud