FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  風林火山 >  風林火山第31回「裏切りの城」

風林火山第31回「裏切りの城」

様々なことが同時に起こって行きます。晴信の信濃侵攻で、目下の敵は村上義清一人となりますが、その村上は小笠原長時を匿っていました。そして真田幸隆は砥石城を取り戻そうとし、勘助は鉄砲商人に化けて越後へ赴きます。

***********************

晴信の姉で、体調を崩していた義元の妻(定恵院)が亡くなった。晴信はこの先、今川との同盟関係を継続するために、別の家族を人質にやる必要に迫られる。その晴信は、小笠原から奪った深志城を信濃に於ける拠点とし、兵糧も現地で賄うことにした。城代には馬場信春が任命される。家臣の中で一番の年長である諸角虎定は、こうつぶやく。
「かくも早く信濃を得るとは、まことに長き道のりでござった」
信繁が怪訝な表情で問い返した。
「どっちなのじゃ」
その場が笑いに包まれたが、勘助は一人真剣な表情をしていた。信濃の北には越後があり、その越後の情勢を晴信は探らなければならなかった。

一方小笠原長時は、村上義清の許へ落ち延びていた。武田が勝利を収めたことを口にする村上に、長時は、生き恥を晒しに来たわけではないといい、その場で自害するふりをして見せる。それだけの覚悟があらば、共に武田の成敗を提案する村上。長時はにやついた表情を浮かべ、よくぞ言うてくれた、儂は信濃の守護だが、そなたは守護神だとまで口にする。そして真田幸隆は、その村上に奪われた砥石城を取り戻そうとしていた。村上は目下高梨政頼と対戦中だった。戦は晴信の下知がないと仕掛けられなかったが、もし村上が攻めて来た時のために、幸隆は相木市兵衛に加勢を頼んでいた。

その後真田屋敷に葉月が現れ、真田の家臣で、村上に内通している者がいると告げた。幸隆はそこで一芝居打ち、家臣たちの前で、春原若狭守が間者であると言って、散々殴る蹴るの乱暴をし、その後弟の惣佐衛門を村上のもとへと向かわせた。その場には平蔵も居合わせ、真田に関してあれこれ口を挟んで来たのを須田新左衛門が叱った。実はそこに、幸隆の弟常田隆永も呼ばれていた。常田は本当の間者をその場に連れて来ていた。それは真田家臣深井であった。これにより、若狭守が間者でないことが明らかになり、村上は惣佐衛門に兵を貸して松尾城へ攻め込ませることになった。

晴信は甲斐に引き上げた。彼を待っていたのは、家族の出迎えと、三条夫人の、定恵院の逝去を悼む言葉だった。駿河への新たな人質に関しては、娘の梅が候補に上がったが、萩乃は、四郎様は如何であろうかと持ちかける。晴信は、四郎は諏訪家を継ぐ者、人質は武田の者に限ると言い聞かせる。その一方で、やはり甲斐に戻った小山田信有は、武田とは戦をしたこともあったと美瑠姫に言うが、彼女はそれを最早望まなかった。そして子の藤王丸に会わせるが、小山田はその子を一目見て表情をこわばらせる。

久々に屋敷に戻った勘助の前で、太吉の息子たちが槍の稽古をしており、娘たちは家事に追われていた。自分たちの屋敷みたいになってしまったと言う太吉。そこへ伝兵衛が、鉄砲を二丁抱えて戻って来た。それを晴信に見せた勘助は、鉄砲商人になって越後へ向かうが、元より売る気はないと言う。また信濃を抑えてしまえば、今川への人質も無用とまで進言した。そして勘助は根来衆に変装し、伝兵衛を連れて越後へ向かう。そして真田幸隆は、春原惣佐衛門を利用して、村上の兵を松尾城におびき寄せることになった。

この頃平蔵はヒサと夫婦になり、矢崎の苗字を名乗るようになっていた。本来松尾城へは、須田新左衛門が行くことになっていたが、須田はその役目を矢崎十吾郎に命じる。矢崎もこれで手柄になればと快く引き受けたが、平蔵は何か不穏なものを感じていた。しかし矢崎は城へと出向き、ヒサは母の位牌の前で、勝利の祈願をしていたが、灯明皿の火が急に消えた。そして惣佐衛門は松尾城に兵を案内した後で、自分だけ姿を消し、後は真田と相木の兵が、村上の兵を取り囲んだ。矢崎はこの戦いで果て、そのことを伝令から知らされた村上はいきり立つ。

勘助は越後に到着し、春日山城で長尾景虎に目通りした。この時点で勘助は、まだ松尾城の一件を知らなかった。景虎は、剃髪もせず汚い身なりよと言い、直江実綱が、根来衆とはこのようなものでと間を取り持つ。さらに景虎は、何丁準備できるかと勘助に尋ねた。勘助が、十丁なればすぐにでもと答えると、景虎はこう言った。
「百丁用意致せ」
さらに百丁が届くまで、勘助は人質として、越後に留め置かれることになった。

*************************

晴信は信濃を着々と支配下に置きますが、姉を失い、駿河への人質に頭を悩ませます。また家臣レベルで様々なことが起こります。まず小山田信有が、美瑠姫の間に生まれた子の藤王丸を見て、何かを感じ取ります。そして真田幸隆は、砥石城を我が手に取り戻そうとしますが、家臣の中に間者がいることを知らされ、それを利用して村上の兵を絡めとる策に出ます。流石に策を弄する真田家の人間であるといえます。

そして勘助ですが、太吉の一家に屋敷の留守を任せ、一方伝兵衛は鉄砲を持ち帰ります。それぞれ異なるこの二人ですが、勘助に取って大事な存在になりつつあります。そして、かつては同じ村の人間であった平蔵は、ただ一人異なる運命をたどることになります。それにしても平蔵、春原惣佐衛門が駆け込んで来た時に、真田は家臣にそんなことはしないなど、余計なことを言わずともよろしい。本来この人は、真田を弁護する立場にはないはずなのですが。

スポンサーサイト



[ 2017/10/30 01:15 ] 大河ドラマ 風林火山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud