FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  ラグビー代表と平尾氏13

ラグビー代表と平尾氏13

今月の20日で、平尾氏が亡くなられてから、丸1年を迎えました。

さて1999年のワールドカップ、日本代表はかつてない自信とチーム力で、ウェールズでの大会に挑みました。その初戦となるのがサモア戦でした。このサモア戦は、サモアのスクラムハーフがスティーブン・バショップ、そして日本のスクラムハーフが弟のグレアム・バショップという兄弟対決でした。日本代表は明らかに固くなっているのが、国歌斉唱の場面からも見て取れました。そして、雨模様のグラウンドで試合が始まりました。

この代表には、フルバックに東芝府中(現東芝ブレイブルーパス)の松田努選手が選ばれていました。しかし、彼が負傷などで出られない場合に、そのリザーブとなるフルバックがいませんでした。元々フルバックは、松田選手か、ステファン・ミルン選手のどちらかを使うという体制だったのですが、ミルン選手はこの時は言っていませんでした。平尾氏は「チームがミルンを要らないと思えるところまで成長した」とコメントしましたが、実はこれには、日本のラグビー界ならではの事情がありました。

ミルン選手は、所属チーム(マツダ)の昇格のため、代表ではなくチームでプレーするように要請され、代表を離れていたのです。これは日本ラグビー協会が、それぞれの社会人チームに、代表のために選手をリリースするように、徹底して来なかったのが原因でした。つまり代表選手といえども、そのトレーニングやケアの大部分は所属チーム任せであり、そのため所属チームに対して強く出られなかったのです。もちろんこの反対の例もありました。

かつて日本のチームに所属している外国の代表選手を、所属チーム優先でプレーさせたため、その選手の国の協会から日本協会にクレームがついたことがありました。本来代表には選手をリリースするのが筋であり、クレームもやむなしではありましたが、日本協会にはそのような権限は実はなく、あくまでも選手が所属するチームにゆだねられていたわけです。これは日本以外でも見られたことですが、その後代表への選手のリリースが最優先されるようになって行きます。

ともあれ、フルバックのリザーブ不在はこの試合に大きな影響を与えました。松田選手が試合が始まって間もなく、肩を脱臼して退場したのです。この時はウィングの大畑大介選手が、フルバックに入ることになりました。しかし元々大畑選手はウィングの選手であり、フルバックの位置に戻る習慣がついておらず、時間を重ねると共に、サモアが優勢となりました。そして最終的には、9-43という完敗に終わりました。

またこの試合が行われたレクサムの競技場は、ウェールズにしては珍しくサッカーの競技場でした。そのためインゴールが狭くなっていました。サッカーはゴールポストが置けるスペースがあればいいのですが、ラグビーはインゴールに走り込んでトライするわけですから、インゴールが狭いというのも、何かしらの影響はあったかもしれませんが、それはサモアも同条件でした。やはりフルバックという守りの要を揃えなかったツケは、かなり大きなものでした。

平尾氏も、あるいは勝てると思っていたこの試合を落としたこともあるのか、試合後の記者会見はどこか曖昧であったといわれています。無論、チームに「型」が不在であったことも、敗因の一つではありましたし、元オールブラックスの選手と元から代表であった選手との、意思の疎通が今一つであったともいわれています。また日本代表は、ワールドカップの試合では必ずトライを挙げて来たのですが、この試合では初めてノートライに終わりました。

飲み物-グラスビール
スポンサーサイト



[ 2017/10/28 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud