FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  大河ドラマ雑考-16 男性大河について

大河ドラマ雑考-16 男性大河について

男性大河について書いてみようと思います。男性大河と言うのも何ですが、要は女性大河にカテゴライズされない作品で、私自身が好きな作品の、面白さについてと言った方が正しいでしょうか。本来大河は男性主人公でいいというのは、以前から折に触れて書いてはいますが、女性大河に朝ドラ的な作品、スイーツと呼ばれる作品が多いせいで、よりその印象が固まったといえます。またその反動として、近年はどの男性大河でも、大抵は面白く見える傾向があります。

ところでこの手の大河のOPによく見られるのが騎馬武者です。戦国時代を舞台にした作品に顕著ですが、『太平記』も騎馬武者を使ったOPでした。個人的に好きなのが
国盗り物語
太平記
風林火山
この3作品のOPです。テーマもいいです。
『武田信玄』も騎馬武者がと登場するOPで、緩急をつけたテーマが流れますが、私としてはよりスピーディな雰囲気のあるOPが好きなので、この3つを選んでいます。あとアーカイブスを観る限り、『天と地と』なども騎馬武者というか、実際にドラマの一部を切り取った感のあるシーンが流れます。この作品のDVDがあれば、『武田信玄』、『風林火山』と比較できるのですが。

それから、今回の『おんな城主 直虎』で、2年連続の戦国物に疑問の声が出ているようですが、これはかなり昔からあったようです。ただしそれぞれの年で年代、あるいは背景が異なっていたため、前年とダブることは少なかったのです。
たとえば60年代から70年代には
天と地と(1969)
樅ノ木は残った(1970)
晴の坂道(1971)
が、3年連続で放送され、いずれも戦国時代後期から江戸時代初期が舞台です。しかしそれぞれ舞台が違い、また年代もいくらか異なるため、かろうじて重複を免れているところがあります。

これは1980年代も同じでした。80年代後半、現代を舞台にした大河が3年続いた後はこの通りです。
独眼竜政宗(1987)
武田信玄(1988)
春日局(1989)
いずれも、戦国から江戸初期が舞台ですが、舞台が異なります。90年代の『秀吉』、『毛利元就』も時代的に違いがあり、『毛利元就』は中国地方中心なので、かなり雰囲気が異なっています。無論『功名が辻』、『風林火山』も時代や舞台がいくらか異なります。しかしこのバランスが、初めて崩れたのが今年です。それも徳川家康位であればまだしも、その他にも同じような人物が登場し、前年と比較されるようにもなっています。恐らく今年の大河を今川家中心にでもしていれば、重複はかなり避けられたはずです。

戦国時代はどうしても題材になりやすいので、作品そのものが多くなるのはやむをえないことです。問題は連続して戦国物を放送する時時、あるいは隔年に戦国物を作る時、如何にダブらせないかでしょう。その意味でも、今回の主人公の人選はまずかったのではないかといえます。次に戦国時代を舞台にするのであれば、北日本を舞台に最上、上杉、伊達辺りを持ってくればいいでしょう。それから、過去に制作して視聴率が伸びなかった、女性大河で作って失敗したという作品のリメイクも、是非やってほしいものです。

私自身は、大河は続いて構わないと思いますし、今後も続いてほしいとは思いますが、ドラマとして面白くなければ、受信料の無駄遣いに終わってしまいます。その一方で疑問なのが「紅白歌合戦」です。いつまで続くのかなと思います。大晦日にこの手の歌謡番組をやること、アトラクションを盛り込んだり、自局番組のPRをしたりすることはともかくとして、紅白に分けてどっちが勝ったというのは、そろそろやめてもいいのではと思っています。

飲み物-パブのビール2
スポンサーサイト



[ 2017/10/27 01:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud