fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主 直虎-38 井伊を共に去りぬあらすじ&あれこれ

おんな城主 直虎-38 井伊を共に去りぬあらすじ&あれこれ

何と言うか、今まで大河では(敢えて)やらなかったことを次々とやってしまった結果、もはや朝ドラともいえないようなレベルになってしまっているのですが…。氏真の笙による寿桂尼の召喚と信玄の死、あれは一体何なのでしょうね。

***********************

武田信玄は遠江を攻め、その勢いは尾張に及んでいた。南渓は信玄に目通りし、井伊は近藤康用の支配を望んではおらず、家を再興したがっていると話し、戦に飽きませぬかと問うが、そのような暇はないと信玄。さらに信玄は、来世はお天道様になりたいと南渓に言う。一方川名の隠し里には、近藤や村人たちも身を潜めていた。龍雲丸は井伊館での高瀬が、まるで死にたがっていたようだと不審を抱く。おとわは高瀬が、近藤に毒入りの薬湯を持って行っていたのを見抜き、間者かと尋ねる。高瀬は母の死の際に負債があったことから、武田のために間者になったのだった。

武田から文が来た。それには近藤の首と引き換えに、井伊の帰郷を許すというものだったが、首を取るつもりはない、争っているふりをすればよいとおとわは諭す。村人たちも帰郷には賛成だった。再び井伊谷で焼かれた町の再建に精を出すも、そこへ龍雲丸が、堺行きのために中村屋与太夫が来たことを伝える。おとわはそのことをすっかり忘れており、今ここを離れるわけには行かないと言うが、結局与太夫の船に乗る、武田軍はその頃西を目指していたが、途中で信玄が吐血して帰らぬ人となる。

その頃南渓は竜宮小僧の井戸の側にいたが、傑山が信玄死去の知らせを持って来る。そして龍潭寺では、龍雲丸がおとわと旅立とうとしていた。しかしおとわは後ろ髪を引かれる思いでいた。それを見抜いた龍雲丸は、わざとおとわに乱暴に振舞い、井伊谷に残れと言う。そして天正二年を迎え、南渓は直親の十三回忌法要を執り行うと言う。おとわを始め、井伊家の女性たちも出席し、寺で法要が行われた。そこには松下虎松、後の井伊直政や、亥之助、あるいは中野直之の弟直久の成長した姿もあった。

***********************

まず間者の件、この期に及んでそれらしき描写を見せられても、それが何なんだ?と思います。本当は、徳川についた直虎、あるいは政次を狙うのだろうと思っていたのですが…。そして間者であることがばれたら、この時代即刻手打ちでしょう。なのにそなたの話を聞いてやればよかったなどと、いきなりお涙頂戴モード。そもそも話を聞いてやるとか、そういうこととは別次元の問題だと思うのですが。しかし武田なら、間者ではなくどこかに売り飛ばしたのでは。

そして信玄。どう見ても畠山義統にしか見えませんが(苦笑)、それはともかく。南渓がどのくらいの格の僧であるかわかりませんが、差しで信玄と話せたのでしょうか。そして例の寿桂尼、あれもとってつけた感あり。個人的にはあそこで「義信」の幻を見て、しかも義信が斬りかかって来て、立ち回った挙句死ぬ方がふさわしいと思います。この場合「ヒサ」というのは寿桂尼の寿でしょうか。実は大河リメイクでも、寿桂尼にちなんでヒロインの名前をひさとしています。

それから堺行きも予想通りすぎ。ああやって別れさせて、どうにかこうにか菅田さん登場という筋書きなのですね。しかも突如として「直親の十三回忌」とか、今まで法要はやってこなかったのかと言いたくなりますし、その法要も、結局はイベントとしてしか描かれていないわけですが。しかし柴咲さんは、正直お姫様の雰囲気ではなく、どちらかといえば女忍び的イメージで誤算だったなと思います。柳楽さんとの共演も、『内海薫最後の事件』はよかったと思いますが。

しかし、今年のもう一つの大河(むしろこちらの方が本大河)が『風林火山』でよかったと思います。『直虎』の口直しのような存在です。

スポンサーサイト



[ 2017/09/25 23:45 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud