fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ >  今後の大河ドラマ雑考-15

今後の大河ドラマ雑考-15

まず、『西郷どん』で幾島を演じる予定だった斉藤由貴さんが、スキャンダルのため降板となりました。既に撮影は開始されていますので、早めに代役が見つかってほしいと思います。それから今年の大河のガイドブック、完結編が出たようですが、サブタイが例によって例の如くなのだそうです。今回は特に、制作陣が受信料を使って趣味で作ったのではないか、そういう気さえします。『花燃ゆ』には、少なくともこういうあざとさはありませんでした。

では本題の『太平記』ですが、このような記事がありました。

"トレンディ大河"と揶揄された大河ドラマ「太平記」
(エキサイトニュース)

確かにトレンディ大河と呼ばれたことはあったようですが、脇役をそこそこの俳優さんが固めていたこともあり、変に浮わついた感じにならずに済んでいます。この時後藤久美子さんは、男性(北畠顕家)の役でしたね。父親の北畠親房役の近藤正臣さんが、この時から既になかなかの曲者キャラを演じていました。

とかく太平記関連は、皇室が絡むため描写が難しいという側面もありますが、記事中にもありますように、足利尊氏や他の武将たちの人間ドラマにすれば、結構楽しめます。2020年が赤穂浪士ならば、その翌年の2021年が、天皇陛下の譲位から2年になりますので、また大河化すればいいのではと思います。ちょうど30年後になります。無論、新史料が見つかった明智光秀関連も、やってほしくはありますが。

戦国時代、特に後期や織豊政権などは既に何度も大河化されていますが、この時代はとにかく映像作品が少ないせいもあり、やたらにマスコミが騒いでいない点にも好感が持てます。実際南北朝時代というのは、室町時代、戦国時代にも尾を引くわけですし。ネット上某所で見た意見ですが、義を重んじる敗者ということで、三谷幸喜氏に、楠木正成メインで原作付きで描いてほしいというのがありました。ただ三谷さんの場合、戦闘シーンにやはり不安を残しそうです。軍議とか謀議であればいいとは思うのですが…。

何はともあれ、きちんと大河50回を書ける脚本家に依頼したいものです。しかし久々に、かれこれ1年ぶりにDVDを観たのですが、やはり楽しめます。キャラ設定もきちんとしているし、ストーリーに比較的無駄がないというのもあるでしょう。全くないというわけではないし、あまり無駄がないのも逆に面白くないのですが、入れすぎるのも問題です。やはり大河は歴史を追って行くものである以上、うまく緩急をつけてほしいと思いますので。

このOPにも騎馬武者が登場します。特に後半部分の、夕日を背景に駆けて行く騎馬武者の映像は結構好きです。それと花夜叉一座の猿楽とか白拍子、闘犬、鉢回しなどの芸能や、尊氏と登子の婚礼シーンなども、その当時の雰囲気が伝えられています。これは先日書きましたが、戦は嫌だ的なセリフもありますし、尊氏と藤夜叉のラブストーリーもあるのですが、それだけが悪目立ちしないように描かれています。この辺りは脚本家の腕もあるのでしょう。

飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス
スポンサーサイト



[ 2017/09/23 00:30 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud