FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー >  いよいよトップリーグ開幕

いよいよトップリーグ開幕

8月18日金曜日から、トップリーグが開幕です。このトップリーグ、かつての社会人ラグビーですが、この15年ほどでかなり様変わりしています。元々大学ラグビーが中心だった日本のラグビー界において、社会人ラグビーは知名度が低い存在でした。1980年代に、新日鉄釜石が7連覇を達成するようになり、社会人に対する注目度は上がって来ました。しかしその頃でも、日本協会サイドは大学偏重で、名目上は会社員を続けながらプレーする選手の待遇や、国際試合で勝つためのリーグ戦の整備に着手しようとはしませんでした。それどころか、社会人選手のケアはすべて企業に丸投げでした。これが後に波紋を広げることになります。

80年代後半になると、日本選手権(というよりは、社会人と学生それぞれのチャンピオンの一発勝負)で、学生が勝てなくなって行き、社会人の方が実力が上であると認めざるを得なくなりました。しかも1995年のワールドカップ(RWC)での惨敗から、社会人選手権にリーグ戦方式が採り入れられ、さらに2003年にトップリーグが発足します。また日本選手権そのものも、クラブ(企業チームでなく同好会的クラブ)の参加が認められ、複雑化して行きます。そして、国際組織であるIRB(現World Rugby)により、代表チームの要請があった場合は、選手をリリースしなければならなくなりました。かつて企業に丸投げしていたため、代表にほしい選手が国内リーグに束縛されたことがありましたが、これで一応の決着を見たことになります。

そして2016年からは、スーパーラグビーに参加するようになり、サンウルブズに選ばれなければ、代表への道は遠のくことになりました。かつてのヘッドコーチである、エディ・ジョーンズ氏の「世界レベルを目指せ」も、これを後押しする格好になりました。これは、トップリーグがスーパーラグビーの予備軍化することにもなりますが、スーパーラグビーに参加している国の国内リーグは、どこもそのような感じです。むしろ野球やサッカーと異なり、日本独自のチームを1つ持てるため、また違った形での世界進出が図られることになったわけです。一方で、日本選手権への大学の参加はなくなりました。

そもそも大学の目標は、かつての「社会人を倒す」から「社会人相手にいい試合をする」、「社会人の胸を借りる」へとトーンダウンして行きました。大学の場合、選手が揃っていたとしても、4年間でチームの構成員がすべて変わるため、選手を数シーズン固定できる企業チームに勝てなくなってきたわけです。また社会人チームの設備が向上したことも、大学チームには不利になりました。無論、社会人、ひいてはトップリーグの胸を借りるというのも、目標としてはきわめて曖昧なものであり、それよりも、同年代の世界レベルでいい成績を納める方が、よりわかりやすく、しかも将来性があるのは確かです。

「いい試合をする」「胸を借りる」的な発想は、長く代表レベルにもありました。ワールドカップ体制が確立した後もそれは受け継がれ、いい試合をして拍手をもらう方が、よくない方法で勝つことよりも重視された感があります。しかしワールドカップというのは、基本的に勝ちを狙うものであり、いい試合をして現地のお客さんを喜ばせるだけでは、単なるゲスト扱いのままであることもまた事実でした。これにはラグビーマスコミが、「日本らしさ」と殊更に言い続けたことも関係しています。「らしさ」と「勝利」が必ずしも一致しない場合、どちらを取るかというのもまた、歴代の指導者に与えられた課題でした。

この代表に関しては、また続きを書きたいと思います。

飲み物-アイスミルクティ
スポンサーサイト



[ 2017/08/18 00:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『青天を衝け』の感想も書いています。またBSで再放送中の『黄金の日日』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2021年には北半球最強であるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの試合も組まれています。このチームにいい試合をし、今後さらに上を目指してほしいものです。国内のラグビーも、2022年からはいよいよ新リーグがスタートです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud