fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  おんな城主 直虎 >  おんな城主直虎あれこれ25-物足りない折り返し回

おんな城主直虎あれこれ25-物足りない折り返し回

あらすじ紹介でも書いていますが、第25回というのは前半のクライマックス回、あるいはそのクライマックスの前振りや、今後の方向性を示す役割があると思います。過去5作品ではこうなっていました。

真田丸-小田原征伐、北条氏政切腹
花燃ゆ-池田屋事件、蛤御門の変
軍師官兵衛-官兵衛が軍師として復帰
八重の桜-会津戦争
平清盛-平治の乱突入


しかし『直虎』の場合、こういう歴史上の転換期を前にした、差し迫った雰囲気が感じられないのです。実は、この回で武田が攻めて来ると予想していたのですが、結局そうはなりませんでした。
ネタバレですが、今後気賀に地盤を築いて行く展開のようですから、その前振りとしての役割はあったかと思います。しかし他の大名とどれだけ絡んだのか、あるいは今後それが、歴史上の大きなうねりとなるのかどうかが、どうもあまり見えてこない。

相変わらず、直虎が焼き鏝を持って子供たちを誘いに来るような、朝ドラ的な乗りや、材木が戻って来てめでたしめでたしの、一話完結のような構成は一向に改善されていません。大河というのは、次に何が展開されるかわからない、手に汗握るような幕切れがあった方が、よほど面白いのですが。
しかも謀られたことくらい、察知しておけばいいのにと思うのですが、それもまるでなし。井伊には忍びの者はいないのでしょうか、そもそも松下常慶は何をやっているのでしょうか。元々この大河にはその手のシーンがあまり登場せず、それも「史実に縛られない」描写と同様、戦国大河としての旨みに欠けるきらいがあります。

それから、義信幽閉と直親が斬られるシーンは、正直言って出し過ぎです。直親のシーンなどは、もう10回ほど流れていないでしょうか。普通回想シーンは、数回程度と思われます。
義信幽閉のシーンの場合は、恐らく武田関係の話が進展して行かないためでしょう。間に盗賊エピを入れたため、かなり間延びした感があり、未だに駿河侵攻にたどり着けない状態です。そのため武田関係映像といえば、義信幽閉しかなく、繰り返して流さざるを得なくなっているのでしょう。
それから直親のシーンも、高瀬登場回とか、今回の駿府申し開きのシーンなどで、ことさらに出す必要もないと思います。結構観ている方は、またこれかとうんざりしてもいます。もう少し脚本を工夫するべきでしょう。

凡庸なる国衆である井伊を大河化するには、その凡庸さを如何に面白く描くかが問われるのですが、それも本当は、BS時代劇でやればよかったのでしょう。特に直政でなく直虎を描くのであれば、大河化はハードルが高かったと思います。前述のように朝ドラ、あるいはコメディ的な乗りが中心になってしまいます。
それからサブタイの捩りも、どうにかならないかと思います。奇をてらい過ぎているようです。先日の『風林火山』の、「招かれざる男」のように、内容を表しているのであれば納得できるのですが。

次回からあらすじと感想を一緒にして、あらすじ紹介も短めにする予定です。また、隔週の「直虎と南方仁」、これを直虎や女性大河関係の記事にして、週一回アップ予定です。また「風林火山の歴史的背景」も、隔週から週一にしたいと思います。

飲み物-アイスコーヒー
スポンサーサイト



[ 2017/06/27 00:30 ] 大河ドラマ おんな城主 直虎 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud