fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  Koki Mitani >  The Adventure of the Dog's Language Interpreter 2

The Adventure of the Dog's Language Interpreter 2

In the episode based on "The Greek Interpreter", Sherman tells Holmes that she walked for ten minutes but in reality she and Wilson Kemp who plans to sell the specimen walked for five minutes and turned back. In this respect, the episode is based on "The Adventure of the Engineer's Thumb" also. And the reason why Kemp carries Sherman on his back is not to make her identify their location.

In the canon, Wilson Kemp appears in "The Greek Interpreter" only but in the puppetry he appears in several episodes as villain's part. And Mycroft Holmes and Diogenes Club in Dealer House make their debut. In the series, the Holmes brothers don't get along.

Though Mycroft says that nobody can communicate with dog, Toby realises Sherlock's words. During the search without Sherman, he tells Toby that he will give him bone of the chicken if it goes well. However at the end of the episode, he tells Sherlock that he prefers bone of the cow for that of the chicken is easy to stick his throat, interpreted by Sherman.

画像
Mycroft Holmes



スポンサーサイト



[ 2015/05/06 23:44 ] Koki Mitani | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud