fc2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  真田丸再考

真田丸再考

久々に『真田丸』関連です。以前ちょっと触れていましたが、三谷さんが描きたかったのは、本当は真田信繁(幸村)ではなく、真田昌幸だった、あるいは昌幸・信繁父子だったのではなかったのかと思っています。どうも、信繁だけを主人公にしたのではなさそうです。これは大坂の陣の描写が比較的あっさりめというか、合戦につきまといがちな血生臭さ、緊張感のイメージがあまりなかったせいもあります。

そもそも三谷さん自身が、戦闘シーンではあまり定評がないといえばそれまでですが、どこか学園ドラマ風な乗りもあったこと、そして信繁の最期がはっきり描かれなかったことも、一因といえるでしょう。一方で昌幸は、お屋形様であった信玄に語り掛けるシーンあり、そして最期もしっかり描かれていたことを考えれば、信繁と豊臣方の関係もさることながら、実は昌幸と滅びた武田の関係を描きたかったのように取れます。

しかしこの『真田丸』は、キャストも結構注目を集めましたが、プロモーションにもかなりのお金をかけていたようです。最終回前の、上田での連日のイベント、あるいはそれ以外にも、ドラマの関連地で行われたトークショーなどはその典型でしょう。それもあって、大河ファンだけではなく、そのドラマの雰囲気をシェアしたい、イベントに参加したいというファンも、ネット上などで多く見られました。

映像作品で、プロモーションをあれこれ展開させることの是非は、また改めて書こうと考えていますが、ネット上で情報を共有させたという点では、今まであまりなかったタイプの大河ではあります。それまで、一般の視聴者がネットで情報を共有するというのはありましたが、制作側がそれを、しかもかなり大々的に仕掛けたというのは珍しいでしょう。

この意味でも『真田丸』は、ある意味異形の大河であったともいえそうです。ただ部分的に面白くない、あるいは描写がしょぼいということもありました。これは国衆という、大名から従属を強いられるがゆえに、自分たちの領地を守らざるを得ない立場であり、そのため国衆目線になったことが、従来の大名目線の作品とは違ったせいともいえます。

ただ男性が主人公ということもあり、いくらかは合戦もあり調略もありで、その部分は納得できました。今年の大河も一応は国衆目線なのですが、周囲の大名への警戒を張り巡らすという、一番緊張感のある描写を捨ててしまった結果、何やら井伊家繁盛記的な乗りになっています。直政が家康に臣従するまでは真田より知名度が低く、ゆえに大河化に無理があったとも取れますが、それでも遠州錯乱の描き方などは、もう一工夫できたはずなのですが。

飲み物-アイスコーヒー
スポンサーサイト



[ 2017/06/16 01:00 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、『鎌倉殿の13人』の感想も書いています。そしてパペットホームズの続編ですが、これも『鎌倉殿の13人』終了後に三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出し、2022年秋には強豪フランス代表、そしてイングランド代表との試合も予定されています。そして2023年は次のワールドカップ、今後さらに上を目指してほしいものです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud